2017年にインドで大ヒットし数々の映画賞に輝いた映画『ヒンディー・ミディアム』(9月6日より公開)はインドの親がお受験に奮闘する様子をおもしろおかしく描く傍ら、競争社会で我々が失ってしまったものを問いかける痛快な傑作コメディだ。

『ヒンディー・ミディアム』より

日本にも共通する“お受験あるある”満載で多いに笑えるのだが、大人たちが繰り広げる狂乱ぶりには、時折冷や水を浴びせられた気分になってしまう。

人口13億人を抱える国の受験戦争とは一体どういうものなのか。その過酷すぎる現実を本作より紹介しよう。

妊娠中に塾に申し込まないと出遅れる

デリーの下町で洋品店を経営しているラージ(イルファーン・カーン)は妻のミータ(サバ―・カマル)は経済的な成功を収めた中流層だが、ミータは一人娘のピアに自分たちよい教育を受けさせて、よりよい人生を歩んでほしいと願っている。そこで、英語で授業を行う学校「イングリッシュ・ミディアム校」のお受験に挑むことに。 

『ヒンディー・ミディアム』より

なかでも私立のイングリッシュ・ミディアム校に進学すると、高校まで一貫した教育が英語で受けられるのでネイティブ並みの英語力が身につくうえ、名門大学に合格しやすくなるので、お金に余裕がある家庭は皆、私立のイングリッシュ・ミディアム校を狙うのだ。

上流階級の証であるネイティブ並みの英語力と名門大学に受かる学力、この両方が手に入るならなにがなんでも我が子のお受験を成功させなければいけない。そこでラージとミータは親子で塾に通うことにしたが、想像以上に過酷な現実を突きつけられる。

まず、彼らがお受験をするには既に“遅すぎる”こと。なんと、インドでは妊娠3カ月の時点で入塾の予約を入れなければ、人気講師の指導を受けられないのだという(!)。それでもなんとか入塾を果たした彼らは面接に備えて、言葉遣いから英語まで必死に勉強するのだった。