Photo by iStock
# 新幹線

どこかセコいよJR新幹線…「特大荷物」持ち込み対策への違和感

座席の現状維持に固執しすぎでは?

待ち望んだ対応策だったが…

8月29日、JR3社(東海、西日本、九州)は共同で「東海道・山陽・九州新幹線 特大荷物置場の設置と事前予約制の導入について」というリリースを発表。さっそく新聞、テレビなどで大々的に報道された。

 

それによると、近年の海外からの旅行者の増大により、大きな荷物をもって新幹線を利用する乗客が急増し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックではさらに増える見込みであるため、それへの対応策だという。

元来、日本の列車は巨大なスーツケースなどを持ちこむことを想定していなかった。例外的に「成田エクスプレス」、京成「スカイライナー」や「はるか」といった空港アクセス列車のみが車内に荷物置き場を設置して対応してきたに過ぎない。

「成田エクスプレス」の荷物置き場/筆者撮影

近年のインバウンド旅行者急増への対応としては、JR東日本が東北新幹線で「はやぶさ」などに使用しているE5系や「こまち」用E6系、JR西日本とともに北陸新幹線で使用しているE7系、W7系の偶数号車(「こまち」は奇数号車)の車端部2座席分を改造して荷物置き場としたのが注目を集めている。これは、なかなか好評のようで、常時複数のスーツケースが置かれているのが目に留まる。

一方で、一番訪日観光客の利用が多いと思われる東海道・山陽新幹線系統では、これまで何の対策も取られてこなかった。一部では苦情もあり、対応をどうするかが以前から気になっていた。このたび、やっとのことでその対応策が発表されたのである。

ところが筆者は、このJR東海らの対応策から、「何としても現行の定員を死守したい」という、ある種の「セコさ」を感じざるを得なかった。