日韓関係「今は日本の大勝利」でも「長期的には、かなりマズい」ワケ

北朝鮮と「国交正常化」後に待つのは…
佐藤 優 プロフィール

邦丸:順番からすると、来年のトランプさん再選というのが条件になると思うんですけど、トランプ政権が続いた場合、大統領選挙が終わった後ぐらいに米朝交渉が進んで、そこで国交樹立ということになる。

佐藤:朝鮮戦争が終わる。

邦丸:休戦状態から終戦になる。

佐藤:はい。それで、38度線の脅威がなくなる。アメリカと北朝鮮が外交関係を持つ。そうした条件が整うと、日本も北朝鮮と外交関係を持つということになってくるわけですよね。

邦丸:東京に北朝鮮の大使館ができる可能性もある。

佐藤:たぶん、朝鮮総連の本部が看板を掛け換えて「朝鮮民主主義人民共和国大使館」になると思います。

邦丸:はあ~。

 

北朝鮮からの「莫大な賠償請求」

佐藤:そうなった場合、日韓基本条約の改定問題が出てくるんです。どうしてかというと、日韓基本条約で「大韓民国は朝鮮半島における唯一の合法政府である」という規定があるんです。もし、北朝鮮と日本が外交関係を樹立したら、韓国だけが唯一の合法政府とは言えないですよね。

邦丸:二つになるわけですね。

佐藤:そうです。だから、条約の根幹部分が変わっちゃう。改定しなきゃならないんですよ。

邦丸:あともう一つ言われるのが、もし日朝が国交樹立したときには当然、北朝鮮側としては第二次大戦のころの韓国が要求したのと同じような賠償請求をしてくる。

佐藤:第二次世界大戦だけじゃなくて、日韓併合以降の全体の賠償請求を当然してきます。ただ、賠償という形ではなく「経済協力」と言ってくるでしょうね。

邦丸:莫大なカネが北朝鮮にいく……。

佐藤:兆単位になる可能性もあります。でも、それはほとんど「タイド」になると思う。ひも付き、です。

邦丸:ひも付き。