目的に合わせて利用できる
施設が充実、最新ホテルに宿泊

大阪の街ブラを楽しんだ後は宿泊先のホテルへ。高山さんが利用したのは、2019年8月にオープンしたばかりの「THE LIVELY HONMACHI OSAKA(ザ ライブリー大阪本町)」。

客室は全174室・5タイプあり、プライベートにも出張にも利用しやすく、客室以外にパブリックスペースも充実しているので、目的やシーンに合わせた滞在ができます。最寄り駅の「堺筋本町」から徒歩1分の好アクセスも魅力。

寝心地のいいベッドにハイセンスな家具、
お部屋で過ごす時間も特別なものに

プレミアムキング(30㎡):1泊20,000円~(税抜)

高山さんが利用した客室は、ホテル内で唯一バスタブがある「プレミアムキング」。大きな窓からは明るい光が差し込み、開放的な空間です。ベッドは数多くの高級ホテルで採用されているSerta社製のキングサイズ(180cm)で広々。ゆったり座れるソファ、PCや書類などを余裕で広げられるデスクエリアもあり、快適に過ごせます。

スーペリアダブル(20㎡):1泊13,000円~(税抜)

もう少し価格をおさえたい人には、「スーペリアダブル」がおすすめ。ベッドはもちろんSerta社製で、大きさはダブルサイズ。コンパクトなお部屋ですが、カーテンでの仕切りやアメニティの収納など、お部屋を広く見せる工夫が随所にあります。また嬉しいことに、洗面台、シャワーとトイレは別々。

海外のカフェみたいなおしゃれ空間で
見た目も重視した食事が味わえる

お腹がすいたら1階にある「THE LIVELY KITCHEN」へ。こちらでは、カウンターのショーケースに並べられた彩り豊かなメニューのなかから好きなものを選べるデリスタイルの食事ができます。宿泊客以外に一般の方も利用可能です。

デリランチ 1,000円

高山さんが昼食にいただいたのは「デリランチ」(1,000円)。サイドデリから2種、メインデリから1種、ご飯・キッシュから1種をそれぞれ選び、そこに本日のスープが付いてきます。

サイドは、夏野菜のラタトゥーユ(左奥)と、ベジタブルサラダ パスタ仕立て(右奥)、メイン(手前)は、鶏胸肉のチキンカツ ハラペーニョサルサソース、キッシュは、大阪らしいネーミングのお好みやキッシュをセレクト。「おかずをバランスよく食べられるし、野菜もたっぷりでいいですね」と料理上手の高山さんもご満悦。

利用可能な時間は、モーニング:8時~11時、ランチ:11時~14時、カフェ:14時~17時、ディナー:17時~23時となります。※メニューは日によって変わります。

大阪の夜景を眺めながら
目でも楽しめるお酒を堪能

夜になると、ホテル最上階にある「THE LIVELY BAR」へ。ホテル内にあるバーと聞くと、格式高そうなイメージですが、一般の方も利用可能なので普通のバー感覚で利用できます。「食事後にもう一杯飲んでから部屋へ戻りたい」というときに、とても便利。女性一人でも入りやすく、気さくなスタッフがお出迎えしてくれます。

このバーのメインは、変わったネーミングのオリジナルカクテル。変わっているのは名前だけでなく、リキュールの組み合わせにも驚き。野菜や海産物など「これをカクテルに…!?」なフレーバーを組み合わせた、ここでしか飲めないお酒が楽しめます。

海遊感 900円

高山さんがオーダーしたのは、わかめ・ジン・シトラス・塩をカクテルにした「海遊感」(900円)。海をイメージしたブルーのカクテルの上に、レッドコーラルモチーフのお菓子が飾られた美しい仕上がり。高山さん、気になるお味は?「わかめの味はほんのりする程度で磯臭さなどは全くなく、サッパリしていて飲みやすいですよ」。

利用可能な時間は、18時~23時(ラストオーダー22時30分)です。

さらに階段を上がると、ルーフトップに「THE ROOF」があり、ここでお酒を飲むこともできます。大阪の夜景を見ながら、大人時間をゆっくり堪能してみては?

THE LIVELY HONMACHI OSAKA
大阪府大阪市中央区南本町1-5-11 
☎06-6484-8644
https://www.the-lively.com/osaka

.
パワーをいただきながら、ぶらりと散歩ができるスポットはいかがでしたか? 次回は、大阪の美味しいお店をご紹介します。

    
Photo:Nobuki Kawaharazaki Hair&Make-up:Chika Suzuki(A.K.A.) ※衣装はすべて高山さん私物