撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

山のアイドルを狙うキュートな小顔のハンター。実は引っ越し魔

北海道から毎日お届け中!

別宅がいくつもあるらしい——うらやましい

エゾオコジョの家族に出会いました。

写真は、その子供です。2匹の兄弟で、母親がついていました。少し離れたところに、父親の姿も。

 

エゾオコジョは、かわいらしい顔をしていますが、ネズミやリス、両生類、昆虫類を主食とする肉食動物で、ときには自分より大きなウサギを狩ることもあります。

この子も、顔に似合わず、立派なハンターなんです。

岩場の巣穴から顔を出した子オコジョ

オコジョは細長くしなやかな体をしていて、お父さんが一番大きく、お母さんはそれよりひと回り小さくて、子供たちはその半分くらいの大きさです。

お父さんは、立派な玉とシンボルがあり、一目瞭然でした。

撮影場所の近くの岩場に巣があったようで、2週間ほど撮影することができました。

エゾオコジョは、巣をいくつか持っていて、引っ越しを繰り返すので、今頃は別の巣に移動して、家族それぞれの寝床を持っていると思います。

また、会えるといいな~。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!