出産ジャーナリストの河合蘭さんによるFRaU Web連載「出生前診断と母たち」。現代の妊娠は、さまざまな事情から、親が、妊娠継続について重い決断をする場面も増えた。大切なのは、親が自分たちで考え、そして自分たちで決断することではないだろうか。

前回は、出生前診断に至る前に妊娠16週、つまり5ヵ月の1週目で破水してしまいながらも無事に出産した例をご紹介した。中絶もやむを得ない状況で、576グラムで奇跡的に生まれた女の子・佳奏(かなで)ちゃん。小さく誕生してさまざまな心配事があったが、それをどのように乗り越えているのか。今回は小さく誕生した女の子がどのような成長を遂げているのかをお伝えする。

佳奏ちゃんが誕生した際の記事はこちら
河合蘭さんの今までの連載はこちら

先のリスクを考えるより
「今できること」を考えた

障害の可能性についてはどうお考えになっていましたか?という私の質問に対して、侑香さんはこう言った。

「もちろん、いつも心配はしていました。でも子どものことは、その時、その時のことに向き合っていくしかないと思います」

そして、いつも心がけてきたことを教えてくれた。

「私は、『あんなリスクもある、こんなリスクもある』と、まだ起きていないことで心をいっぱいにするのではなく、『今、できることは何?』と考えるようにしてきました」

そう言う侑香さんも、佳奏ちゃんが生まれてNICU(新生児集中治療室)に入院した当初は、佳奏ちゃんにしてあげられることが見つけられなかった。

「全然わかっていなくて、はじめの頃、私はNICUに絵本を持っていったんですよ(笑)。でも、病院では母乳を搾って届ける方法をはじめ、いろいろな、私にできることを教えてくれました。保育器にかけるカバーを手作りすることも提案してもらったのですが、これも、気持ちが落ち着いてとてもよかったと思います」

他の子どもよりも発達はゆっくり

佳奏ちゃんは、今、クラスの他に子どもに較べれば身体は小さく、発達はゆっくりだ。でも、大きな問題をかかえることはなく元気に学校生活を送っている。
侑香さんに妊娠中のお話を聞き終わるころ、佳奏ちゃんが小学校から帰ってくる時刻になったので、途中まで迎えに行って写真を撮らせてもらい、一緒に帰った。そして帰宅後、佳奏ちゃんは、エレクトーンでディズニー映画『モアナと伝説の海』のテーマ曲を聞かせてくれた。

母の侑香さんが見守る中でエレクトーンに向かった佳奏ちゃん。佳奏ちゃんのエレクトーン演奏は迫力があって、とてもこの年齢の子の演奏とは思えなかった 撮影/河合蘭

侑香さんが小さいころから教えてきたという佳奏ちゃんのエレクトーン演奏は、海の神様に選ばれた少女・モアナがオールをつかんで、大海原へ漕ぎ出す光景をありありとイメージさせてくれた。佳奏ちゃんの小さな両手両足が、力強くリズムを繰り出す。小学校1年生の子の演奏とは、とても思えない演奏だった。佳奏ちゃんは小さな時から侑香さんがエレクトーンを弾くとよく踊っていたそうだが、侑香さんと同じように音楽が大好きな女の子に育っていた。 

侑香さんは、「あの時、長良医療センターに駆け込んで医師にリスクの説明を聞いたときにひとつ選択が違っていたら……」と思うと「今でも身震いがする」と言う。

そして侑香さんは、入院中に医師からもらった「この子は奇跡を起こしてくれるかもしれないよ」という言葉を、今も忘れることなく大切に心にしまっていた。これは、侑香さんにとって、子育ての原点に帰れる言葉なのだろう。そして、希望が湧く魔法の言葉になっているのかもしれない。

「あんなに小さく生まれた子なのだから、ゆっくり成長するのは当たり前のことだと思っています」

侑香さんにとって大変だった日々は、子育ての力にさえなっているようだ。