出産ジャーナリストの河合蘭さんによるFRaU Web連載「出生前診断と母たち」。出産の前には出生前診断により胎児の病気がわかったり、別のハプニングがあったりして、生命の危機や、子どもが障害を持つ可能性を告げられることがある。そんな時は、妊娠を継続するかどうか決断をしなければならないことも多い。大切なのは、親が自分たちで考え、そして自分たちで決断することではないだろうか。

今回はわずか妊娠16週、つまり5ヵ月の1週目で破水してしまった例をご紹介する。通常は妊娠継続が不可能で中絶を選択せざるをえないという状況に直面したお母さんは、何を考えたのだろうか。

河合蘭さんの今までの連載はこちら

この病院で生まれた女の子が遊びに来た

私が初めて佳奏(かなで)ちゃんにあったのは、今から3年前の春、国立病院機構長良医療センターの産科病棟へ撮影にうかがった時のことだった。当時、この病院は胎児治療の拠点として全国に知られていて、その後、岐阜県総合医療センターに移って胎児診療科を立ち上げることになる医師たちが先進的な治療に果敢に取り組んでいた。

その日、私がふと廊下に出ると、医師や助産師たちが集まっていて、ひとりの小さな女の子を取り囲んでとても楽しそうにしていた。その、お母さんにくっついてはにかみながらも嬉しそうにしていた女の子が、この病棟で奇跡のような生命力を見せて卒業していった佳奏ちゃんだった。

生まれた病院でみんなの熱い歓迎を受ける佳奏ちゃん。佳奏ちゃんの右にいるのが侑香さんで、左は当時の産科部長で、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」にも登場した産科医の川鰭市郎さん 撮影/河合蘭

お母さんの谷侑香さん(当時・38歳)は、当時、全力で治療に挑んで産んだ佳奏ちゃんがまもなく小学校に上がるので、それを記念して思い出の病棟にやって来たのだと言う。

通常は破水すれば48時間以内に出産

侑香さんは佳奏ちゃんを妊娠中、わずか妊娠16週(5ヵ月)で早期の「破水」をした。
妊娠16週の破水――それは、私が聞いたこともないハイリスク妊娠だった。

「破水」とは、子宮内で胎児を包んでいる膜「羊膜」が破れて羊水が出てきてしまうこと。本来は陣痛期の終わりに起きるもので、陣痛前に膜が破れたら、菌が侵入して母子ともに危険だ。そのため「破水をしたら、48時間以内に出産しなければならない」と考える医師も少なくない。

だから、月満ちる前に破水したら、早産を覚悟で赤ちゃんを出す事態となりかねない。しかし佳奏ちゃんは妊娠16週とまだ妊娠も半ばのころで、赤ちゃんが体外で生存できる限界とされる22週まで、まだ6週間もあった。そのため、このようなケースでは、ほとんどの場合、人工妊娠中絶という形になる。