〔PHOTO〕iStock

大ヒットドラマ「全裸監督」の重要論点〜AV産業は昭和を引きずり…

「SMぽいの好き」を観て、驚いた

ネットフリックス配信ドラマ「全裸監督」が話題を呼んでいる。

この作品は第二次世界大戦から3年後、1948年に福島県いわき市に生まれ、百科事典を売るセールスマン等からいわゆる「ビニ本」の製作販売を経てAV監督となる村西とおる監督の半生を描いたドラマである。

前科7犯、借金50億円と言った浮き沈みの激しい村西の人生は敗戦から高度経済成長期、バブルとその崩壊といった日本の戦後とも重なり合いながら、「親子」「夫婦」「愛人」「敵」「仲間」といった人間関係を交差させながら一話一話が展開していく。

 

「負け組」としての村西とおる

このドラマの中で主人公の村西とおるは「負け組」から出発し、AV業界というマイナー職種の中で、さらにマイノリティとして存在する。

無理なノルマを押し付け、できなければクビと迫る上司、既得権益化した業界と圧力に屈することに慣れている市場の末端店主、裏社会と警察の癒着等が生み出す「理不尽」に対し、村西は積極的な意図があろうがなかろうが、結果的に戦うことになっていく。

そんな村西にピンチが訪れるたびに「大逆転」を起こすのは、彼を支える仲間たちである。

「全裸監督」は見ようによっては「あかんたれ」「細腕繁盛記」「おしん」といった臥薪嘗胆、日本の鉄板ドラマの系統とも言えるし、新分野に参入し紆余曲折の末に一つの目標を達成すると、そこでまた問題が……を繰り返す最近の「下町ロケット」や「集団左遷」等、池井戸潤モノにも近い。

ただ、通常のドラマと違うのは主人公のキャラが強い分だけ、ノンフィクション、ドキュメンタリー感があると言うことだ。

また、誰もが多少なりとも接点を持っているAV業界の裏側を見せると言う意味では「知ってるつもり?」的要素もあり、「その先が知りたくなる」中毒性を持たせる見事な脚本であるとも言える。

加えて、俳優陣がまたいい。主人公の山田孝之だけでなく、ピエール滝やリリー・フランキーといった個性派俳優、また脇役に至るまで、社会に排除された経験を持つ「はぐれもの感」を醸し「それらしい」のだ。「カメラを止めるな」を見ているような錯覚にも陥ることが度々であった。

既に「シーズン2」の制作決定されたと言うのも頷ける。