Photo by gettyimages

まさかの青天井!?「楽天ペイ」はポイント還元戦争の覇者となるか

王者クレジットカードに強敵現る

カード大手6社は「値引き」戦略

いよいよ10月1日から、政府主導による「キャッシュレス決済5%ポイント還元策」が実施されます。政府は中小店を対象にキャッシュレス決済をした人に5%のポイント還元(チェーン店は2%)を行う予定ですが、その内容が先日明らかになりました。

「キャッシュレス消費者還元事業」公式サイトより

まず、クレジットカードとデビットカードについては、月に上限1万5000円の還元を受けられます。この金額、筆者はかなりの大盤振る舞いだと思いました。

PayPayやLINE Payに代表されるQRコード決済のキャンペーンでは、上限1000円とか、最近では300円にまで還元の限度が下がっていましたから、その魅力がどんどん薄れつつありました。いくら還元率が高くても、上限が低ければ何の意味もない。そう利用者も気づき始めていたでしょうから、ここで1万5000円という金額が出ると、皆の目が向くことは確かでしょう。

この金額設定は、「クレジットカードは高額な商品を買うツールだ」と言う共通認識から出ています。この上限いっぱいの金額を受け取るには、カードを月に30万円使う必要がありますが、毎日クレジットカードを利用している人からすれば、30万円はそれほど驚く額ではないでしょう。むしろ、妥当な金額と言えます。

 

さらに、利便性を高めるために、JCBやクレディセゾンといったカード大手6社は、ポイントではなく「値引き」での還元を始める方針を決めました。

つまり、毎月の引き落とし日に利用金額から5%のポイント相当分を直接差し引くというのです。せっかくポイントを貯めても、有効期限を過ぎて使わない。そうした人は少なからずいますから、確実に皆がお得となる「値引き」は、良い方法と言えるでしょう。またカード会社の立場としても、このほうが後の処理が楽になります。