〔photo〕gettyimages

ドル売り介入へ…? トランプが考えている「危ないシナリオ」の中身

諸刃の剣ではあるが

金融市場で無視される「トランプの相場観」

8月30日、トランプ大統領は「ユーロは対ドルでクレイジーに下落している(The Euro is dropping against the Dollar “like crazy,”)とツイートし、「ドルは史上最高に高い。良いことのように聞こえるか?米国外に製品を輸出したい製造業者以外にとってはそうだろう(Our Dollar is now the strongest in history. Sounds good, doesn’t it? Except to those (manufacturers) that make product for sale outside the U.S.)などと皮肉も口にしている。

〔photo〕gettyimages

これだけドル高に苦情を申し立てても結局、状況はまったく変わらないのだからもはやトランプ大統領の為替や金融政策に対する相場観はほとんど金融市場で相手にされていないとも言える。

 

実力行使を警戒

かかる状況下、トランプ大統領の性格を察するに「言って分からないなら実力行使」という展開に踏み込んでくるのではないかという不安は抱かざるを得ない。

上記の図表に示されるように、ドルの名目実効為替相場(NEER)はトランプ大統領のFRB批判や実際の利下げを受けても前年比並びに年初来で上昇している。

水準としてもトランプ大統領が述べる「史上最高」ではないが、史上最高値「圏」にあるのも確かである。対ドルで上昇している通貨は円とカナダドルくらいだ。