Photo by gettyimages

若者の「韓国ファッション」ブームが長続きしないと考えられる理由

メディアは大々的に宣伝するが…

「裏原ブーム」を思い返すと…

ファッションのトレンドには様々な要因が考えられるが、大きな要因として“時代の象徴”があげられる。いま、TWICEやBTS(防弾少年団)といった韓国発のいわゆるK-POPアイドルグループが若者の間で人気を集め、彼らが身に着けた服は売り切れが続出しているようだ。

BTS(防弾少年団)/Photo by gettyimages

トレンドの多くは若者の間から生まれるものだが、思い返してみてほしい。自分が若い頃はどうだっただろうか。テレビや雑誌で観たアイドルや人気俳優に憧れてファッションを真似したのではないかと思う。キムタクこと木村拓哉が人気絶頂だった90年代、10代、20代の男たちはこぞって彼の真似をしてロン毛にした。また、彼がドラマの中で頭に白いタオルを巻いていたことで、タオルを巻いた男性が街中にあふれたこともあった。

団塊世代の前後でいえば石原裕次郎だろうか。腕時計は利き手と反対の腕に着けるのが一般的だが、彼はいつも右手に腕時計をしていた。それを真似して今でも、右利きにもかかわらず右腕に腕時計を着けるという70代の男性に時々出会う。そういった10代のファッションアイコンが今はK-POPアイドルになっているからだといえる。

 

ファッションには2つの要素がある。一つは「ビジネス面」、もう一つは「ブーム」である。「ビジネス面」は売り上げ規模や生産枚数、販売枚数などを基調として語られる。通常のアパレル業界人は常にこの「ビジネス面」を考慮しながら企画製造販売を行っている。もう一つの「ブーム」は文字通りのブームである。

この2つが一致すればすさまじい売れ行きとなる。1998年に起きたユニクロのフリースブームはブームとしてもすごかったが、売り上げ規模もすごかった。また1997年に安室奈美恵とのタイアップで「アムラー」を生み出したバーバリーブルーレーベルも同様に2つが一致したものだ。