半グレも警告するが…日本社会から「覚せい剤」がなくならない理由

社会的孤立はより深刻な問題だ
廣末 登 プロフィール

半グレも警告する覚せい剤のヤバさ

芸能界のクスリ事情につき、数年前に起きたある強奪事件の被疑者で、有罪判決を受けたA氏に文通で話を聞いた。

A氏は、中部地方の都市でも有名な半グレで、パリピでもあった。パリピとはパーティピープルのことである。そのような、一見華やかだが、ちょっとヤバい社会に身を置くと、必然的に裏の社会が見えるものだ。

彼は次のように述べ、覚せい剤の濫用につき、警鐘を鳴らす。

「一番(ヤバいの)は、芸能界のクスリ事情ですよね。これは誰かが徹底的に撲滅していただきたいです。私は薬物が大嫌いなので、ヤル芸能人とは遊びませんし、(覚せい剤を)捨てたりもして叱ってきましたが、いまだにキメてメディアに出る者もいますし、これはどうにかしてもらいたいです」

 

日本社会から麻薬がなくならない理由

筆者は覚せい剤、大麻、合成麻薬など、様々な中毒・依存症の方と、公私共にかかわってきた。「公的かかわり」とは更生保護の就労支援であり、「私的かかわり」とは、アングラ社会の取材である。

筆者がフィールドで感じたザックリとした感想で申し訳ないが、ツネポン(覚せい剤常習者)も、タマポン(タマにポンする使用者)も、社会生活上で挫折を経験したり、何らかの不安や問題、主観的な「生きづらさ」を抱えているように思える。

使用者と話してみると、未来への希望の有無、慣習的な社会や人とのつながりの濃淡、強弱と関係があるように思える。現代社会では、人は容易に孤立する。人生で一度つまずいたら再起は難しく未来への希望も色あせる。官僚だから、会社員だから、学生だから、主婦だからといって、社会的居場所があると考えるのは、ちょっとばかし早計である。

彼らは、そうした形式的な帰属集団で、日々苦痛を感じながら、必死になって自分の役割を演じているのかもしれない。苦痛は、やがて厭世観へと成長し、社会的逃避の一環として覚せい剤に手を染めるのかもしれない。

就労支援の現場で、調査フィールドで、筆者は幾度となくこうした事例を目にしてきた。人間は社会的動物である。ひとりでは生きられない。

現代社会を蝕む社会的孤立という問題は、人にとって、日本社会にとって、覚せい剤よりも問題視すべき根本的な社会病理であるように思える。薬物使用者のすそ野の広がりは、現代日本の社会病理を映しているのかもしれない。