〔PHOTO〕iStock

痴漢対策が「ビジネス」にまでなり始めた…日本社会の「特殊事情」

テクノロジーの力で、事態は改善するか

日本特有の性犯罪である「痴漢」が、とうとうビジネス領域のテーマとなってきた。シヤチハタが加害者にインクを使ってマーキングする「迷惑行為防止スタンプ」のテスト販売を開始したほか、ITベンチャーが、痴漢の発生状況をネットに表示する「痴漢レーダー」のサービスをスタートさせている。

本来であれば、こうしたビジネスが存在しない社会であるべきだが、日本の現状を考えるとやむを得ない部分がある。痴漢には冤罪の問題もあるので、テクノロジーを駆使し、冤罪を発生させない形で、被害を防ぐサービスが求められている。

 

シヤチハタ、商品開発に動く

日本国内では毎日、おびただしい数の痴漢が発生している。2017年に東京都内で発生した痴漢の発生件数は1750件だが、これは、迷惑防止条例違反としてカウントされたものなので、現実にはその数倍、あるいは数十倍の被害が発生していると考えられる。東京都内だけでもこれだけの数なので、全国では相当な件数となるだろう。

痴漢は日本特有の性犯罪ともいわれる。

海外では凶悪な性犯罪は存在するが、それほど凶悪ではない性犯罪が、日常的に多数、発生するという状況はあまり観察されない。日本で痴漢が多発しているという話は、海外でも知られるところとなっており、英国の渡航情報サイトに「日本では電車内で性犯罪が発生することは一般的」という記述があるとネットで話題になったこともある。ご丁寧に「chikan」という単語まで紹介されていた。

こうした中、ツイッター上で、痴漢に対する防衛策として安全ピンを持ち歩くという話が拡散し、ネット上では大激論となった。被害者にしてみれば、このくらい過激な防衛策でなければ、安心して電車に乗れないというところだろうが、安全ピンで相手を刺すという行為は、自らも犯罪者になる可能性があり、やはり一般常識としては推奨されるものではないだろう。

〔PHOTO〕iStock

ツイッター上での一連の議論を受けて商品開発に動いたのがシヤチハタである。

同社は定番商品であるインク浸透印(いわゆるシヤチハタ印)の技術を応用し、痴漢の加害者に特殊なインクでハンコを押すというアイデア商品の開発を宣言。8月27日から「迷惑行為防止スタンプ」としてテスト販売を開始した。同スタンプには、UV(紫外線)発光インクが使われており、相手にハンコを押した段階では無色透明で何も分からないが、ブラックライトを当てると、印影が浮かび上がる仕組みになっている。

電車内などで痴漢被害にあった場合には、これを相手に押すことで、犯人であると特定できる。もっともこの印鑑を押したからといって正式な証拠になるわけではないが、この商品の存在が広く認知されることで、痴漢犯罪の抑止を狙う趣旨と考えられる。