Photo by iStock

野口みずき、中島恵利華…あの超有名スポーツ選手たちの「いま」

それぞれの道を歩んでいる

元祖アイドルゴルファーの現在

日本中が息を呑んだ白血病との「闘病宣言」から半年余り。水泳選手の池江璃花子さん(19歳)は驚異的な回復を見せている。

池江璃花子選手(Photo by gettyimages)

「抗がん剤治療がかなり順調にいっているようです。治療の合間の退院期間には、水にこそ入れないものの所属する日本大学水泳部のプールを訪問したり、友人と遊びにいったりと、リフレッシュできているようです」(水泳連盟関係者)

8月22日には自身のインスタグラムにディズニーランドで撮った写真を掲載。〈大満足の1日でした〉と笑顔を披露し、ファンを喜ばせた。

渋野日向子や小祝さくらなど新世代の台頭で、再び脚光を浴びる女子プロゴルフ。アイドルゴルファーの元祖といえば、中島恵利華(現・エリカ)さん(54歳)だろう。

 

日本を代表するゴルファー・中嶋常幸さんの実妹にあたる中島さんは、プロとして通算4勝をあげるも、'03年に子宮がんが見つかり、週刊誌に闘病手記を寄せて話題になった。

本誌は日本女子プロゴルフ協会を通じて中島さんに取材を申し込んだが、断りの連絡が入った。

「実は、予後があまりよくないようです」と語るのは中島さんの知人だ。

「中島さんは子宮がんの他にもいろいろな病気にかかり、足の手術も何度も受けていて満足に歩くのが難しい状態なのです。いまは体調の良い日に自宅近くの小学校で子どもたちにゴルフを教えています」