肥大化した帝国「共産主義中国」…その国家としての寿命を考えてみる

ソ連の自滅崩壊パターンを見よ
大原 浩 プロフィール

国家は永遠に続くわけでは無い

日本は歴史に残るだけでも1300年におよぶ継続的な政治システムによって統治されてきたから、世界の国々の寿命のはかなさになかなか思いが及ばない。

例えば、過去「中国4000年の歴史」などというプロパガンダが行われたが、現在の共産主義中国は、古代から続く「中国」の歴史を完全否定して1949年に成立した。その時の文化(遺産)の破壊はおぞましいものであった、

だから、共産主義中国の歴史は70年ほどしかない。

 

韓国に至っては、国際法上、内戦が続く朝鮮という国の「南部占領地域にしか過ぎない」とも言える。

だから、日本のようなしっかりとした基盤を持たない国々は、ソ連邦のようにいつ消滅してもおかしくない。また、分割して統治したほうが合理的であれば、歴史の歯車は自然とそちらに向かうのである。