提供:QUICPay

「anan」や「週刊SPA!」での連載など、いまどきの男女のリアルを鋭い観察眼とユーモアで浮かび上がらせるコラムが人気の犬山紙子さん。

2歳の女の子の母でもある彼女は、子育てをするようになってから、ほとんど現金を使わない生活にシフトしたそう。そんな犬山さんのある日の買い物に密着しました。

(写真:内堀義之)

犬山紙子さん

※以下、犬山紙子さんによる寄稿。

子育てをきっかけに「長財布」を卒業

とにかく手ぶらで出かけたい。小さな子どもと出かけるようになると両手が空いていることが必須になるんですね。手を繋いで歩いていてもスルッと手を離しダッシュしようとすることも多々。「あ!わんわん!」って犬に向かってダッシュしたりね……。こっちも必死の形相でダッシュ、両手使って抱きかかえるわけです。

そんなわけで近所のお散歩や公園はポケットに携帯のみかサコッシュで出かける割合がぐんと増えました。長財布……持って歩くのは厳しいです。公園だと荷物をどこかに置いておかなきゃいけなかったりで防犯上気になりもしますし

てなわけで私は1年前からApple Payを導入登録もiPhoneの「Wallet」アプリにクレジットカードを設定するだけで簡単でした。スーパー、コンビニ、ドラッグストアもどんとこいなので、財布を家に置いて出かける回数がグっと増えました。お会計をサッと済ませられるのもうれしいところ。

リーダーにかざすだけなので、サッとお会計できる

このサッというのが大切で、現金をジャラッとしている隙に子どもがコンビニのお菓子を持って来る可能性がありますから。いや、確実にやるようになるでしょう、なぜなら私が子どもの頃親のスキを見てどんどこ食玩付きおやつをぶっこんでいたからです(ままごとトントンはそういう方法でほぼコンプしました)。

また、おしゃれしたい時も便利だなーと感じるように。可愛いバッグほど物が入らない小ささという謎の理がまだまだ世を支配していますから……。前はカードと現金をジャラジャラとバッグに入れて出かけていたのですが、今は念のための1万円だけ入れてあとは携帯と鍵と口紅だけで出かけられるようになりました。

キャッシュレスでストレスフリーな1日

3:30PM 女子会兼オタ会のためのお花を

ここのところ家飲みがぐっと増えました。安上がりですし、子どもがいても気にしなくていいし、DVDで推しも見られるし……。母になってもオタクであり続けるものなのです。と言いますか、母だからこうであるっていうのはほぼ幻想なんじゃないかなあ。聖なるものでも、急に強くなるものでもなくて、人間としての延長線上に母という属性が加わる。

話が大きくなりました。こういう時間のために日々頑張っていると言っても過言ではありません。この日は女子会兼オタ会です。まずは推しへ敬意を示すべく推しに似合うお花を。お花は仕事が忙しくなればなるほど家に飾るようにしています。忙しく余裕のない時にふっと美しいものが目に入るとちょっと気持ちが和らぐ。夫婦喧嘩の種もいくつか花が吸収しているかもしれませんね。

4:00PM 近くのお店で白ワインとチーズをゲット

お気に入りのワインとチーズを見つけた!

花束を手に今からワインやつまみを買うわけですが、これもApple Payで片手でピッと簡単に支払えるので楽々です。「小銭地獄から解放されし者」と呼んでほしい……。なんかかっこよく言いましたが、正直なところ私は小心者でして。後ろの人を待たせてしまうのが怖いというのもあります。

5:00PM 帰りにコーヒー屋さんでちょっとひと息

流石にワインと花束持ってたらもう買い物は無理だろうと思われるかもしれませんが、まだ行けます。おしゃれなコーヒー屋さんでコーヒーを一つ。(コンビニのコーヒーも十分おいしいけど)Apple Payなので花束とワインを持っていてもスマートな顔で楽々お支払い。なんてたって小銭地獄から解放されし者ですからね。フフッ。

そして夜、娘も一緒にみんなでわいわい。大人が家に来ると娘も嬉しそうだし、私も気が楽。娘、普段嫌がる歯磨きも「え? もしかして歯磨きできるの? すごくない? 天才じゃん?」と友人たちにおだてられまくった結果すんなり終了。助かります。

ポイントがたまるうえにサインレス

そう、大事なのがポイントがたまること、そしてサインをしなくて良いこと。ポイントの大切さは言わずもがなですが、サインレスはバタバタしている人間にはたまらない魅力です。遅刻しそうになってタクシーに滑り込んでも、サインしないで済むのが本当にありがたい。

一回サインレスに慣れてしまうともう後戻りできない快適さです。人間はこうやって便利なものに順応し、さらなる快適を求めて研究を重ねていくのでしょう……。また話が大きくなりましたが、本当にそれくらい楽なんです。

※以上、犬山さんによる寄稿。

Apple Payは設定も簡単で使えるお店もたくさん

犬山さんも簡単と言っていたApple Payの設定はたったの3ステップ。iPhoneの「Wallet」アプリを開く、クレジットカードを紐づける、確認コードを入力するだけです。WalletアプリはiPhoneにプリインストールされており、Apple Payの設定や利用には一切費用はかかりません。全国のApple Payマークや、QUICPayTM(クイックペイ)などがあるお店で利用可能。身近なスーパーやドラッグストアだけでなく、テーマパークなどたくさんのお店で使えます。

QUICPayのマーク

Apple Payはセキュリティー面で安心

カード番号などの個人情報がiPhoneの画面に表示されないうえ、支払い時にはFace IDやTouch ID(あるいはパスコード)が必要なので、第三者に利用されず安心

また、iPhoneを落としてしまってもPCから遠隔でロックができるので、「ロック」ができないお財布よりもはるかにセキュリティー面で頼りになりますよね。

犬山さんもハマっているApple Payのスマート&ラクチン生活、パンパン&ジャラジャラなお財布にうんざりしている人はぜひ導入してみては?

「Apple Pay」をはじめてみる
「Apple Pay」で「QUICPay」のキャンペーンに参加する

※ Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。Apple Payに対応しているデバイスについては、こちらをご覧ください。
※Apple Pay、Face ID、iPhone、Touch IDは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※ iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※対応しているカードはQUICPayサイトをご覧ください。

記事の内容を踏まえ、Apple Payに関するアンケートにご協力お願いいたします。

提供:QUICPay