――不妊治療を始める平均年齢は、何歳だと思いますか?

周囲の女性に聞いてみたところ、30代後半から40代前半を挙げる声が多かった。しかし実際に不妊治療を始めている方の平均年齢は33歳さらに20代に開始した方も14%。不妊治療は決して「アラフォー以上」の話題ではない。

ところが当事者にもっとも近いはずのアラサー女性ですら、その実態を知らない。なぜなら、不妊治療の当事者はそのことを伏せがちだからである。

〔PHOTO〕iStock

当事者同士でないと語れない妊活

そもそも、夫婦の35%は子どもができずに悩んだ経験がある(参照:知られざる男性不妊、実は「あの行為」が妊娠を阻んでいた可能性)。18%は実際に不妊治療へ進む。

だが、そのことは驚くほど知られていない。「不妊治療をしよう」と覚悟を決めた女性が産婦人科へ赴いてから、初めて知ることも多いという。

“妊活”と、よりソフトな言葉に置き換わっても、現状は変わらない。その実情を30代の既婚女性はこう語る。

最初は、「あれ?」という違和感でしかないんですよ。子どもがそろそろできてもいいのにな、だって夜もしてるのにな、って。普通にしてたらできるだろう、って思ってたんですね。むしろ、妊娠しないようにばかり気をつけてきたし。それが1年たって、あれ……できないぞ? って思って。でもそれだけじゃ、病院まで行かないですよね。健康診断はオールAだったっていうのもあるし……もし自分のせいで不妊だったらどうしようって、不安に向き合うのも怖いですし。

この女性は最終的に産婦人科を受診。不妊治療を勧められたが、友人には話せなかったという。

なんかね、重い話題だなあって。聞いた方もズーンって、なるじゃないですか。だから言えなかったですね。話してもわかってもらえないだろうし、じゃあ、子持ちの友達から変に気を遣って慰められても嬉しく思えないっていうか……。そういう喜べない自分も嫌になるしね、ますますね。結婚してない友達に話して、「旦那さんがいるだけいいじゃん!」って思われたり、むしろマウンティングに見えちゃったらどうしよう、とか。