〔photo〕gettyimages

日本株の「黄金期」到来で、いまこそ「仕込む&逃げたい銘柄」全実名

今週の「AI株価予報」で読む

日本株の「黄金期」がやってくる

日本株市場は相変わらず不安定な世界情勢に振り回され、大きく揺らぐジェットコースター相場が続いている。

〔photo〕gettyimages

いま市場関係者たちが最も警戒しているのが米中貿易戦争の行方。トランプ大統領の言動ひとつで大きくマーケットが左右される「トランプ相場」が当面続くため、市場ではリスク警戒モードから上値を追いにくい展開になっているが、じつはこうした時こそ「投資妙味アリ」と動き出しているプロが少なくない

「ここから9月、10月にかけては米国のFRBによる利下げが焦点になってくる。いまの相場はヘッジファンドを中心に利下げを『催促』する売りを仕掛けている面があり、逆に言えば、10月までに利下げが確認できた後は、一気にリバウンド相場に転じる可能性が出てくる」(アナリスト)

 

つまり、現在の盛り上がりに欠ける相場環境こそ絶好の「仕込み時」。気付いたプロからすればひっそりと「お宝」をザクザク仕込める「黄金相場」と化しているわけだ。

では、そんな日本株市場でズバリ的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』(財産ネット社開発・運営、詳細はhttps://phantom-ai.com/)が導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。

今週の『Phantom株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄はユニ・チャーム (8113)である。