自分の遺影はありますか? 死を迎える前にしておきたい全準備

大変だけど、やる価値はある
週刊現代 プロフィール

最期に後悔しないために、これだけは決めておく

厚労省によると、命の危険が迫った状態になった時、約7割の人が「どんな治療を受けたいか」「どこで最期を迎えたいか」という意思を伝えられないまま、死を迎えてしまうという。

本当は自宅で死にたかったのに、病院で死んでしまった。余計な治療を受けたことで、苦しみながら死んでいった。

そんなことになれば、それまで満足した人生を送ってきても、すべてが台無しになってしまう。後悔しないために、決めておくべきことは多い。

Photo by iStock

最も重要なのは、「死の間際に延命治療を受けるか」「受ける場合、どこまでの治療を受けるか」を決めて、その意思を書き記しておくことだ。

かかりつけの病院などで「延命治療に関する希望を書いておきたい」と伝えれば、「事前指示書」を用意してくれる。

〈医師が回復不能と判断した時、心肺蘇生を行うか〉〈人工呼吸器をつけるか〉などの細かい項目があるので、これに記入しておけば、最期に受ける治療を決めておくことができる。

少しでも長く生きることを望むなら、延命治療を受ける意思を示しておくべきだが、一方で延命治療の苦しさについても知っておいたほうがいい。湘南ホスピタルの奥野滋子医師が説明する。

「たとえ老衰の過程にあっても、絶対に肉親を死なせたくないという家族もいます。

時には患者がつらい思いをするような延命治療を病院に要請し、『もうなにも食べたくない』という患者に無理にでもモノを食べさせる。その結果、誤嚥性肺炎になってしまうようなこともあるのです」

 

あなたの死は、もちろんあなた自身のものだが、家族のものでもある。延命治療の可否をはじめ、自分で決めた最期は、家族にも理解しておいてもらう必要がある。

「自分の死に場所」もその一つ。なんの意思表示もしていなければ、意識を失った後、病院に運ばれ、そのまま病院のベッドで死を迎えることになる。

「看取りまで面倒をみる」と謳う老人ホームでも、実際に入居者が危篤状態になると、気が動転したり、のちに家族とモメることを避けるために、救急車を呼ぶことは少なくない。その場合、結局死に場所は病院となる。

慣れ親しんだ自宅で家族に囲まれて最期を迎えたい。そう望むなら、「日本尊厳死協会」のホームページに掲載されている「私の希望表明書」などを利用して〈最期を過ごしたい場所〉に「自宅」と記しておくことだ。

そのうえで、本当に最期が近くなった時のために、自宅にベッドを設置し、看取りの医師(在宅医)を決めておく必要がある。

長尾クリニックの長尾和宏院長は、「人生の最期を委ねる在宅医を『近所だから』との理由だけで選ぶと後悔することがある」と言う。

「あらかじめネットや書籍などで、看取りの実績数が豊富な在宅医を選ぶことが大切です。

事前情報なしに在宅医を決めた結果、技術不足のために緩和ケアが不十分だったり、相性が悪かったりで、満足できない最期を迎えたというケースも少なくないのです」