【保存版】東京23区「人気ランキング」実際に歩いてわかったこと

東京のいい住宅地が変わった
週刊現代 プロフィール

大田区北千束2丁目

大田区の高級住宅街といえば田園調布が有名だが、ここ数年は、東急目黒線と東急大井町線が乗り入れる大岡山エリアのほうが勢いがある。

北千束2丁目の坪単価は190万円で、10年前と比べて12.5%上昇。最寄り駅は、東急大井町線の北千束駅だが、急行が止まる大岡山を利用する人も多い。

駅の前には東京工業大学のキャンパスがあり、若者の行き来が絶えない。一方、すぐわきにある東急ストアには高齢者や子供を連れた若い母親も目立つ。あらゆる世代がバランスよく暮らしているのがわかる。

自由が丘(目黒区)まで歩いて20分で行けることもあってか、街全体が落ち着いていて、小洒落たワインバーやパン屋には事欠かない。

Photo by iStock

毎日行列ができる人気パン屋「ベッカライ・ヒンメル」の向かいで、不動産業を営むマイマイハウスの今井善之氏に、周辺の住宅事情を尋ねた。

「最近、北千束はファミリー層からの人気が高まっています。新築の戸建ては12~15坪に3階建てで5000万~6000万円と安くないですが、それでもすぐ売れますね。その理由の一つに、北千束1丁目にある清水窪小学校の人気があります。

もともとは小規模な公立学校で、一時は生徒不足により廃校になりかけていたのですが、'11年に近所の東工大と連携し『おおたサイエンススクール』という取り組みを開始したんです。それが非常に評判がよくて、一躍人気校となった。

学区内の子供しか入学できない上に定員が65人と決まっているので、審査を通過することすら難しいのですが、それでも我が子を入学させるために、遠くから北千束に引っ越してくる人が後を絶ちません」(今井氏)

駅前から少し離れた住宅地は、大岡山と言うだけあって坂が多い。高台に位置する閑静な住宅街を抜け、坂道を南下していくと、緑に囲まれた洗足池公園が見えてくる。

ここは江戸城無血開城の際に、勝海舟が休息した場所でもあり、池のほとりには勝夫妻の墓がある。

 

犬の散歩に来たというご夫婦に話を聞いた。

「夫が転勤族でいろんな場所に住みましたが、ここは緑もあって住みやすい。近くの洗足(目黒区)には皇后雅子さまの実家(小和田邸)がありますが、この辺の人はどこか品のある方が多いですね。

近くに女優の高橋ひとみさんが住んでいて、一度会ったことがあるんですけど気さくな方でしたよ。岩下志摩さんのご自宅も確かこの辺ですよ」

地域医療も充実している。大岡山駅は、日本の私鉄で唯一、病院と直結している駅でもある。

もともと近くにあった東急病院が12年前、駅の真上にリニューアルされ、さらに通院しやすくなった。内科や外科などすべての科が揃った総合病院で、入院や救急患者の受け入れも行っている。

教育、環境、医療。この3つが街の住みやすさをさらに高めているのだ。