Photo by iStock

【保存版】東京23区「人気ランキング」実際に歩いてわかったこと

東京のいい住宅地が変わった

街は「生き物」である。時代が変われば、良くも悪くもなるし、高級住宅街も例外ではない。一方でこれまで馴染みのなかった街が人気になることもある。現地を見て回り、住民の声を拾った。

街にも流行り廃りがある

「いい住宅地」の条件とは何か。その一つのバロメーターとなるのが街としての活気だ。

「活気があるとは、すなわち住む人の出入りがあることを意味します。街の『新陳代謝』ができているかどうかが重要なポイントとなる。新しい住民が増えれば、不動産も動くし、消費も生まれます。それが街を活性化し、元気にするのです」

こう語るのは、不動産事業プロデューサーでオラガ総研の牧野知弘氏だ。

たとえば、大田区の田園調布3丁目や世田谷区の成城6丁目は、長らく庶民の憧れの高級住宅地だった。しかし、近年、これらの街に陰りが見えている。

「西部『山の手』と言われる世田谷や大田区の高級住宅街は、昔から地位の高い地域ですが、最近は住民の高齢化が著しく、街自体の魅力が薄れています。

何億という相続税に頭を抱える世帯も少なくありません。そもそも若い人は、そこに住むことにステータスを感じなくなっている。

一方で、豊洲や勝どきなど湾岸部はタワーマンションが次々とできて、子育て世代が移り住んでいますが、それだけではいい住宅地とは呼べません。もともとの住民と新たに入ってくる人とのバランスが重要なんです」(牧野氏)

 

では、いま東京23区で住みやすくて、人気がある住宅地はどこなのか。

そこで、今回本誌は国土交通省が毎年発表している「公示価格」に従い、ここ10年間で地価の上昇率が高かった住宅地(商業用地は除く)を町丁目ごとにリストアップ(詳細はページ末の表を参照)。

なぜ、そこが新しい「いい住宅地」として注目されているか、実際に歩いてみた。