安藤忠雄建築でアート鑑賞が
できる贅沢なスポット

兵庫県立美術館

現代美術家・ヤノベケンジ氏の作品「Sun Sister なぎさ」ちゃんがお出迎え。

西日本最大級の規模を誇り、阪神・淡路大震災からの「文化復興」のシンボルとして2002年にオープンした。独自のキュレーションにも定評があり、美術ファンからの信頼も厚い。8/3から9/29まで西宮市の企業家、山村德太郎の収集作品を展示する「山村コレクション展」を開催。

Ando Galleryでは世界に誇る安藤建築を知ることができる。

今年5月には安藤忠雄氏の建築作品のアーカイブを紹介する「Ando Gallery」が開設。

安藤忠雄氏がデザインしたオブジェ『青りんご』。

兵庫県立美術館
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
☎078-262-0901
営業時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
定休日:月(祝日の場合はその翌日)
https://www.artm.pref.hyogo.jp/

\とっておき兵庫土産/
TADAO ANDO | HYOGO

兵庫県にある安藤忠雄氏の建築作品を収めた一冊。兵庫県立美術館をはじめ、淡路夢舞台、兵庫県内に建てられた邸宅など17軒を紹介。迫力ある写真のほか、スケッチや図面、安藤氏のエッセイも収録されている。兵庫県立美術館のミュージアムショップにて販売されている。¥2000