女性の美しさの基準が痩せていることだったのはひと昔前の話。女性の体を輝かせる新たなスタンダードは、柔らかさ! 柔軟性を高めれば、姿勢がきれいになったり、疲れが抜けやすくなったり、スポーツのパフォーマンスが上がったり、いいことずくめ。機能的な体を作るストレッチや、ストレスで固まってしまった心もほどくヨガで、しなやかな自分に生まれ変わりましょう。

今回のテーマは、「ALEXA」。本企画の出演モデルであり、ヨガインストラクターの資格を持つアレクサさん。その柔軟性に優れた体や美貌をサポートするのは、外見のケアだけではありません。意識を内側に向けることで得たものとは? 柔らかく美しい体作りの秘訣を伺いました。

TIPS1「FLEXIBILITY」の記事はこちら▶

TIPS2「RELAX」の記事はこちら▶

正しい知識を身につけて
多角的に柔軟性を考える

ミドルトップ¥8000 ※9月上旬発売、レギンス¥11000/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(ダンスキン)☎0120-307560 クッション各¥7000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マラグーン)☎03-5786-0555

私たちがきれいになるために今、求める柔軟性。まずは、下のリストを参考に、正しい知識を持っておきたい。加齢とともに、筋肉は衰え、柔軟性も落ちていく。しかし、日々、ストレッチやヨガなどを継続して行えば、よみがえってくるのも柔軟性。180度パカッと開脚を目指す必要は一切ない。むしろケガのリスクを高めるので、90度開けば問題なし。柔軟性は、引っ張る力があって初めて発揮できることも重要な情報だ。次のページから、こうしたポイントを押さえながら、さまざまな角度から柔軟性を紐解いていく。

必要なのは“開脚”じゃない!?
美しい体のための柔軟性を知る
CHECK LIST

□ 失われた柔軟性は取り戻すことができる
□ 開脚は90度開けば十分
□ ストレッチはまとめてやるより毎日5分
□ 伸ばすのではなく引っ張り合う意識が重要
□ 柔軟性を発揮するには安定性も意識して
□ O脚は、お尻の筋肉が原因
□ 腹筋は鍛えるよりも伸ばすべし
□ ストレッチでドカ食いがやめられる?
□ 体の硬さを招く老化物質「AGE」

TIPS3:ALEXA
外見だけに捉われない、
強くしなやかに動ける体作り

2年前、ハワイへ移住したことをきっかけに本格的にヨガを始めインストラクターの資格も取得したモデルのアレクサさん。外見の美しさに注目しがちだが、磨くべきは内側だと教えてくれた。

●教えてくれたのは……

アレクサさん モデル
1992年生まれ。ポーランド出身。2年前にハワイに移住し、東京とハワイを拠点にモデルとして活動。ファッション誌や広告等で幅広く活躍している。スポーツマンの父の影響で、小さい頃から体を動かすことが大好き。ヨガインストラクターの資格も取得し、活動の場を広げている。

体のパフォーマンスを引き出す、
内側のメンテナンスが重要

モデルのアレクサさんが考える“柔らかく美しい体”とは、「外見的な美しさと体のパフォーマンスを引き出す体内の美しさ」。体の内側を健康に保つために、アレクサさんは3年前からビーガンを実践している。「ひどい肌荒れをきっかけに、少しずつビーガンの食生活にトライしたら、肌のコンディションがよくなりました」。菜食主義者が不足しがちなビタミンB12や乳酸菌はサプリで補い、年に一度は血液検査で体内バランスもチェック!

忙しいときでも、隙間時間に太陽礼拝。
“正しく動く”意識を高める

本格的にヨガを始めて、体への意識が大きく変わったというアレクサさん。「もともと体が柔らかく、それゆえオーバーに動いてしまうことが……。ヨガに出合ってからはより慎重に、正しい動きができるようになりました」。そんな彼女がどんなに忙しくても毎日の習慣にしているのが、ヨガの基本の太陽礼拝。「ストレッチや筋トレの要素もあり、簡単なのに汗をかくほど温まって、“一石三鳥”。夜寝る前10分だけでも必ずやります」