2019.09.13
# 仕事術

歌舞伎町の「元カリスマキャバ嬢」を成功に導いた仕事のルール

やりたいことは、こうやって見つける
愛沢 えみり プロフィール

ライバルがいないなら自分で作る

同じ時間働くなら、嫌な仕事を「イヤだイヤだ」と思いながら働くのと、そうでないのとでは、全然違う結果になると思います。

Photo by iStock

「今日は昨日より、ちょっと良くする」ことを、毎日続けるということが、「頑張る」ということなのだと思います。

もう一つ、私が大切だと思っていることがあります。それは、良い意味での「ライバル」を決めること。

たまにライバルがいないことを喜ぶ人がいますが、それでは成長は望めません。

私はどの仕事でも、必ずライバルを設定します。ライバルがいないなら自分で作ります。

 

これはもちろん、敵対視するという意味ではありません。「すごい」と思った相手を素直に尊敬し、どうやって相手に追いつき、追い越せるかを考えるということです。

たとえば、「ジェントルマンズクラブ」に入った当初は、周りのキャバ嬢みんながライバルでした。当時インフォレストという出版社から刊行されていた『小悪魔ageha』の専属モデルになったときは、周りのモデル全員がライバルと思っていました。

また、アパレルブランド「Emiria Wiz」では、業界有数のブランドをライバルに想定しています。もちろん、会社の規模では大人と子どもほどの差があります。売り上げも全然負けていますし、勝てる見込みもありません。だからこそ、ライバルにしがいがあるのです。

SPONSORED