2019.09.13
# 仕事術

歌舞伎町の「元カリスマキャバ嬢」を成功に導いた仕事のルール

やりたいことは、こうやって見つける
愛沢 えみり プロフィール

目標はこうやって見つける

私は、嫌なことや大変なことがあったときも「自分で招いた結果だから仕方ない」と思うようにしています。

Photo by iStock

そのうえで「大変なことは誰にでも起こることだから、こういうときこそ頑張ろう」と思っています。大変なときに頑張れば、ほかの人より成長できると思うからです。

「お店で一番になる」「歌舞伎町で一番になる」……振り返れば、これまでいつの間にか次々に目標ができていました。

どれも最初から決めていたことではありません。頑張っているうちに自然と目標が見つかりました。

目標と同時に、乗り越えなければならない壁や困難なことも出てきますが、それを乗り越えることで、できることが増えていきます。その一つひとつが、自分の自信につながっていきます。

ただし、なかなか自分の力だけでは乗り越えられないときもあります。そういうときは見栄を張らず、人に助けてもらうこともします。これも自分次第です。

 

出てきた目標は、どれも単純で明確です。それに対してはまっすぐ、なにがあっても絶対やりきると決めてやってきました。

たまに「目標が見つからない」「夢がない」という相談を受けることがありますが、目標は目の前のことに真剣に取り組んだときに出てくるものだと思います。

真剣ではないときに出てくるものは、目標ではなく願望。

「やりたいことが見つからない」「頑張りたいことがない」という場合、まずは目の前のことを頑張ってみることで見えてくるものがあるのではないかと思います。

自分の好きなことでもいいでしょう。バイトでも、ペットの世話でもいい。それを一生懸命頑張る。いま自分がやっていることで目標を見つける癖をつけ、それを自分なりに達成していくのです。

SPONSORED