photo by istock
# がん # 医療

なぜ「がん」についての情報はウソが蔓延するのか? 専門医のホンネ

私はそれを我慢できない
「がん」患者は闘病だけでも大変なのに、誤った情報にさらされるという苦労もある──。そう指摘するのは、新刊『がん外科医の本音』が話題の現役医師・中山祐次郎氏だ。
ウェブサイト、週刊誌、書籍、はては親しい知人までも信憑性の低い情報を垂れ流す現状に憤り、がん専門医の中山氏はある決断をした。誤った情報が飛び交う世界を変える、ホンネの短期連載スタート。

「がんは治療しないほうがいい」は本当か?

初めまして、医師の中山祐次郎と申します。大腸がんの手術を専門とする外科医で、抗がん剤などがん治療を幅広くやっています。

この度、マネー現代で連載をさせて頂くことになりました。

 

二人に一人はがんにかかる時代ですが、病院で医者をやっていても「がん患者さんが増えたな」と実感することはよくあります。 

ある日のこと。

いつものように私は自らの勤める病院の外来で「今日はどうされましたか」と患者さんとお話をしていました。その日は夕方に「新患」と呼ばれる、初回の患者さんがいらしたのです。

その中年の男性に話を伺うと、「実は去年のいまごろがんと診断されたのですが、色々調べたら『がんは治療しないほうがいい』『抗がん剤は危ない』『こういうサプリがいい』という情報がでてきて、それで病院に行くのをやめたんです」と。

photo by istock

検査をすると、がんは体中に転移し、もはや手術ではどうしようもない、取り切れない状況でした。

去年診断されたときに受けていた検査結果を見ると、ステージは4までいっておらず、CT画像を見ると手術で取り切れるものでした。

私は非常に悔しい思いをしました。

患者さんに「以前手術していれば取り切れたこと」「いまは治る可能性はまずないこと」をそのまま伝えることは酷でしたので、「これから頑張りましょう」とだけ言ったのです。

実は、このような経験をした医師は実にたくさんいます。

というより、このような経験をしたことがない、がんを専門とする医師にはほとんど会ったことがありません。

ちゃんと調査をしたことはありませんが、怪しい情報により「極めて重大な」レベルの不利益を被った人はかなりの人数にのぼるでしょう。