photo by Getty Images

韓国・文在寅政権の命運が尽きたあと、朝鮮半島はどうなるのか

お約束「身内スキャンダル」も出てきた

文在寅氏の命運は尽きたか?

GSOMIAの韓国側からの破棄がとんでもない愚策であり、文政権あるいは韓国に致命的な打撃を与え、崩壊へとつながっていくであろうことは、8月25日の記事「韓国・文在寅政権はこれから『冤罪作戦』を仕掛けてきかねない」で解説した。

韓国が仕掛けてくるであろう「冤罪作戦」は、我々日本人が考えているよりもはるかに卑劣・巧妙なものであり、日本も世界に向けて、堂々と自らの立場を主張しなければならない。

また、色々な続報により、文在寅氏がGSOMIA破棄という愚行に至った背景も見えてきた。一部では次に述べるスキャンダルをこの騒動で隠ぺいしようとしたとの見方もある。確かに、直前まで「継続」という雰囲気が軍部だけではなく青瓦台にもあったのに、突然、覆ったという事実とも整合性がある。

韓国検察は8月27日、大統領府の首席秘書官であり、かつ文大統領が次期法相候補に指名した側近チョ・グク氏の娘に「名門大学への不正入学」や「奨学金不正受給」の疑いがあるとして、関係先の家宅捜索に乗り出した。

前任の朴槿恵大統領から機密資料を提供されていた友人の女性実業家、崔順実氏とともに欧州に滞在していた娘の鄭ユラ氏の「大学不正入学」が大スキャンダルとなり、機密資料問題に加えて朴氏失脚の原因となったことを考えれば、文在寅氏はのど元に匕首を突き付けられた状態と言ってもよい。

 

しかし、後で大変なことになるのが分かっているのに、歴代の大統領と側近は、なぜ「攻撃の対象となる不正行為」を繰り返すのであろうか?

そこには、「自称・儒教国家」である韓国の病理とペアになっている「科挙」制度の悪弊がある。

韓国や中国で「儒教」と呼ばれているものは、我々日本人が考えている儒教とは全く異なる。「権力者が『カラスが白いと言ったら、はっ、仰せのとおり』と返事をする」とか、「強きを助け、弱きをくじく」のが正しいとする教えなのだ。

だから、中国、韓国(の人々)は自分が悪くても決して謝らない。なぜなら「権力者は謝る必要が無いから、謝罪するということは相手(日本)が自分より上(より権力を持つ)であると認める」ことに通じるからだ。