教育ジャーナリストのおおたとしまささんが『21世紀の「男の子」の親たちへ』(祥伝社)という本を上梓した。これは2018年5月に刊行した『開成・灘・麻布・東大寺・武蔵は転ばせて伸ばす』という本をベースにし、新しい情報を加えてテーマ別に再構成したものだ。上記の5校だけではなく、栄光学園、海城、芝、修道、巣鴨、桐朋と名門校の教師たちにも話を聞いており、受験の話かなと思いきや、第1章のテーマは「ジェンダー」。まさに今の時代にアップデートされた「男の子育児」のヒントが満載だ。

刊行を記念して、本書より数回に分けて「男の子育児」の目の覚めるようなエピソードを抜粋掲載していく。第1回は「反抗期」について。反抗期の子どもたちにどう対応したらいいのか。そして、反抗期がない場合、それはどのように「恐ろしい」のか。

子供と同じ土俵に乗ってはいけない

反抗期の子供に暴言を吐かれた保護者が、死ぬほどショックを受けてしまうことがあります。学校の先生たちは毎年そういう変化を見ているので、おおらかに構えていられますが、一般の親御さんはそこまで達観はできません。

「『くそばばあ』とか『死ね』とか言われてそこでニコニコしているのも変ですしねえ。多少血相変えることも必要なんやろうとは思いますけど。生身の感情でぶつかり合うことも必要ですから、『どこがくそばばあなの。あんた親に向かってよくそんなことが言えるね』くらい言っていいし、言うべきだろうと思います。

ぜんぶ余裕かましてスルーしていたら、子供からしても真剣に付き合ってもらえていないと感じるでしょう。ただ、子供も本気で言っているわけじゃないと受け止める余裕はほしいですね。それでいちいち落ち込んでいたら、あなたその歳になるまで人生で何を学んできたのという話です」

と言うのは灘の大森秀治先生。

「方法論はそれぞれだと思うんですが、逃げないということですよね。スルーはダメだよね。子供なりに発信しているわけですからね。その信号を上手く受け止めてあげないと。受け止め方はひとそれぞれでいいと思いますけれど」
と開成の齊藤幸一先生。

ごまかさないことが大事ですね。話は聞くし、違ってたら違うよって言うし。まあ、すごく根気よく説明する先生もいますし、私なんかはダメなものはダメだから自分で考えなさいと言うタイプです。あるいは本当にこちらが間違っていたら、『悪かった。違ってた』と認めるし」

とは開成の葛西太郎先生。
葛西先生はさらに続けます。

同じ土俵には立たないほうがいいですよね。向こうも悪いことはわかったうえで言っているんですから。そこで親もパニックになってエスカレートして、家庭内暴力に発展しちゃうというケースもありますが、それでも親の目が覚めれば、子供も目が覚めて、両方成長するんです」

子供がちいさくてももちろん、思春期になればなおさら、きちんと向き合って逃げないことが大切だ Photo by iStock