# 癒し # 動物

登山者が紅葉に見惚れてる足下で、僕らは1年で一番忙しく働いてます

北海道から毎日お届け中!

越冬のための貯食活動には命がかかってます

山の紅葉の主役・ウラシマツツジが真っ赤に染まる頃、エゾナキウサギは1年でいちばん忙しい時期を迎えます。

ナキウサギが暮らす北海道の高山は、長い冬の間、半年以上も深い雪に覆われます。ところが、そんな厳しい環境のなかで、ナキウサギは冬眠をしないんです。

 

雪に埋もれた岩場の巣穴の中で、じっと耐えながら冬を越します。そのため、越冬の間に食べる保存食として、大量の葉っぱを岩場の穴の中に貯蔵しておかなければなりません。

山の紅葉が盛りになる頃、ナキウサギたちは冬の準備に大わらわです
 

冬支度のこの時期、ナキウサギは最も活発に活動します。夜明けから日暮れまで、一日中、葉っぱを集めています。

どれだけ集められるかによって、春までの生存率が変わります。まさに、命がけの貯食行動です。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!