〔PHOTO〕iStock

許永中が大阪の暴力団世界をのし上がり「戦後最大の黒幕」になるまで

イトマン事件から28年、男の実像

「許永中旋風」を引き起こせたのはなぜか

3000億円が闇に消えた戦後最大の経済事件――。

こう呼ばれたイトマン事件から28年が経過、その主役のひとりである許永中氏が、『海峡に立つ 泥と血の我が半生 許永中』と題する自叙伝を、8月28日、小学館から上梓した。

帯に「戦後最大の黒幕」と書かれ、黒幕にフィクサーのルビが振られている。

当時、許氏にはいろいろな異名がつけられた。「在日韓国人実業家」というのは最も穏当で、「黒幕」「フィクサー」はもちろん、「闇社会の帝王」「企業舎弟」「仕事師」「事件屋」というものもあった。

共通するのは、「表社会」と「裏社会」の狭間に生息、両社をつなぐ役回りで、そうした自分の立場を自覚して、許氏は決して表に立たなかった。

それが虚像を膨らませ、おどろおどろしさとなって、「許永中とは何者か」が、様々な方向から語られた。

 

私もそのひとりであり、19年前、同じ小学館から『許永中「追跡15年」全データ』と題する書き下ろし文庫を上梓した。

本人にとっては、そうした評伝のすべてが“片腹痛い”ものだったろう。

お前らに俺の何がわかる――。

その通りである。反社会的勢力に足場を置きながら、何百億、何千億円のカネを投下するようなビッグプロジェクトに、政財界を巻込んで、「許永中旋風」と呼ばれる騒動を引き起こせたのはなぜなのか。

回答は、許氏の人生に隠されており、それは本人でなければ語れない。「昭和」という時代を映す自叙伝の意味はそこにある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら