〔photo〕iStock
# 離婚

離婚を迫る夫に「死んでほしい」59歳専業主婦の「ヤバすぎる決断」

不利な条件で離婚するより…

離婚するより、死んでくれたほうが…

近年、人生の老い支度を意味する「終活」の二文字を耳にする機会が増えましたが、最近では「配偶者の存在」すら身辺整理の対象になり得るケースが増えているように感じます。

〔photo〕iStock

実際、私のところへ離婚の相談をしに来る中高年の方は一定数、存在します。

熟年離婚(同居35年以上)は40年で20倍に膨れ上がっていますが(昭和50年は300組、平成27年は6,266組。厚生労働省調べ)、じつはこれはあくまで氷山の一角。なぜなら、男性の平均余命は女性より短いため(男性は80歳、女性は87歳)、離婚より死別のほうが金銭的に有利ならば離婚に応じずに夫が先立つまで待つか妻が少なからずいるという事情があるからです。

飯野徹さん(仮名、71歳)も晩年に妻との離婚協議が難航して頭を抱えている一人です。

 

「私が目を光らせているうちはいいんです。しかし私が死亡した後にはなにが起きるかわからない。家内が実家を売り払って母を追い出したり、退職金で遊び回ったりするかもしれないと想像するともう離婚しかないと…」

徹さんは飯野家が代々守ってきた財産(実家の土地建物、墓や駐車場など5,000万円相当)を父から相続したのですが、まだ母(86歳)は健在です。

万が一いま徹さんが死亡した場合、夫婦で築いた財産だけでなく、飯野家の財産もまた妻(59歳)と息子(30歳)で折半して相続することになります。