〔photo〕iStock
# 銀行

父親が交通事故で入院したら「家計崩壊」しかけた48歳一人娘の悲劇

銀行も助けてくれない

突然、親が倒れた

私は90年代から介護の現場を取材し、そのリアルな現実や有益な情報を執筆や講演、NPO活動を通して紹介しています。

親が認知症になったら家族でも預貯金を引き出せなくなる――、と聞いたことがある人は多いと思います。しかし、口座凍結は何も認知症に限ったことではありません。もし、突然、親が倒れたら、どうすればいいのでしょう。

 

カヨさん(48歳:仮名、東京都在住)には1人暮らしの父親(70代)がいます。その父親が交通事故にあい救急搬送されたとの連絡が……。

〔photo〕iStock

カヨさんが病院に駆けつけたところ、命に別状はないものの、意識はもうろうとした状態でした。入院手続きを行うと、入院保証金として現金で10万円の支払いが必要だと言われました

父親の持ち物にサイフはありましたが、10万円という大金は入っていません。そこで、一旦実家へ行き、たんすの引き出しなどを探しました。まるで家探しです。

キャッシュカードが見つかりましたが、暗証番号が分からないので役に立ちません。ようやく通帳と印鑑を見つけ出し、携えて銀行へ向かったのですが、そこで衝撃の事実をカヨさんは知らされました