「エビデンスで殴る」というやり方は、なぜうまくいかないのか

「エビデンスに基づく医療」から考える
斎藤 清二 プロフィール

冷静に考えてみればすぐわかるのだが、この両者の主張はどちらも正しい。少なくともどちらも否定されるべきではない。ただし両者の主張がかみ合っているわけではない。かみ合っていないからこそ議論はエスカレートしがちなのである。

医療者は「エビデンス」という一般的な情報に焦点をあてている。A氏は「エピソード」という個人の体験に焦点をあてている。だからこの議論では、互いの意見が衝突しているからというよりも、互いが違う話題に焦点をあてているためにかみ合わないのである。

A氏が自身の発言において、「私はエビデンスのことについては十分承知の上で、自分の経験について語っているのです」と明言しているのはとても重要である。A氏が述べていることは、「EBMを知らない非専門家の見解」ではなくて、むしろ専門家以上にEBMの本質を衝いているからである。

 

エビデンスをめぐるバベルの塔

エビデンスという言葉は、実は多様な意味で用いられている。もともとエビデンスとは通常の辞書にも載っている一般用語であり、「証拠」とか「根拠」とか訳されていることが多い。またエビデントという形容詞は、「明白な」「自明の」というような意味であり、そこからの連想で「エビデンス」という言葉は、「誰が見てもそれにしたがえば必ずうまくいく明白なもの」としてイメージされやすい。

しかし、医学において用いられる用語としての「エビデンス」は、それとはかなり違った意味をもっている。医学におけるエビデンスとは、「個別の患者への臨床における意思決定に役に立つ確率論的な情報」を意味する。もちろん医学におけるエビデンスそれ自体は、確立された科学的方法論(臨床疫学)を用いた研究の成果であり、論文として公表されたものである。

しかし、ここで重要なことは、医学におけるエビデンスは、EBMという方法論の中で利用される「確率論的な情報」だということである。どういうことだろうか。

EBMを学んでいる医師の多くが理解していることであるが、医療は不確実性と複雑性と個別性をその特徴としている。つまり、個々の患者さんに何が起こるかは一人ひとり異なるし、それは前もって確実には分からないし、何が起こったのかの説明さえも多くの場合ひとつには決まらない

EBMはそこに「確実なもの」をもちこむのではなく、あくまでも医療の不確実さにできる限り挑戦しようとするものである。EBMを理解しているものは、エビデンスによって医療の不確実性が一掃されるとは決して考えていない。したがってA氏がSNSで述べた、「エビデンスがあるからといってその効果は人それぞれによって違う」という見解は、EBMを知っている医師であれば否定することのできない適切な見解なのである。