〔PHOTO〕iStock

臓器を共有すると、夫婦の関係はどう変わるのか

愛が冷めたら…という心配もあった
夫婦で腎臓移植をする。人生を左右する手術を経て、夫婦の関係はどのように変わったのか? そこから見えてくる夫婦・家族のかたちとは? 新刊『それでも、母になる: 生理のない私に子どもができて考えた家族のこと』(ポプラ社)より特別公開!

前回はこちら:夫はなぜ妻への「腎臓提供」を決めたのか、その恐怖と本心

夫から腎臓を分けてもらった

そして迎えた手術当日。

はるかさんは1週間前から、たくまさんは前日から、入院し準備を進めていた。

オペの直前に医師から最終的な覚悟 を問われ、同意をしたところで、ふたりで歩いてオペ室へ向かった。

別々の部屋に入り、希望を持ってどこか少しわくわくしているはるかさんに相反して、たくまさんは手術台に上る際、恐怖で足ががくがく震えた。

同じタイミングで全身麻酔を打ち、内視鏡でたくまさんの腎臓を取り出し、はるかさんの身体のなかに埋め込んでいく。たくまさんは2時間半ほど、はるかさんは待機時間も含めて6時間ほどの時を経て、手術は無事終了。

 

腎臓病の診断を受けて25年、腎不全になって2年、38歳の頃に、はるかさんは夫から健康な腎臓をひとつ分けてもらった。

HCU(高度治療室)ではるかさんが眠りから覚めると、父と義父と義母に名前を呼ばれ、なんだか世界が騒々しかった。意識はあるが、身体中が痛い。

一般病棟に入院しているたくまさんと術後に会った際、たくまさんが「包丁でメッタ刺しにされた感じ」とつらそうな表情を見せたことも気がかりだった。