「CONTACT」展にて展示される作品を一部ご紹介しよう

マティスのもとを訪れた直後に描かれた猪熊弦一郎作品。マティスの影響も色濃く見られる。「無題」1948-49頃 (C)公益財団法人ミモカ美術振興財団
朝日新聞の日曜PR版に掲載された川端の小説原稿と盟友、東山魁夷による挿絵。【上】川端康成「かささぎ」1963年 【下】東山魁夷《無題》1963年 個人蔵
京都造形芸術大学がミヒャエル・ボレマンス氏に2014年に依頼し、建仁寺塔頭両足院で描かれ、展示された。 ミヒャエル・ボレマンス《くちなし(2)》2014年 墨、和紙/掛軸 個人増 (C) Michaël Borremans

原田マハさんが語る「アートを観る目」の本文はこちら