〔PHOTO〕gettyimages

GSOMIA破棄の韓国が、日本の「敵側」に行きつつある兆候

防衛省・自衛隊から見た「韓国観」

自衛隊の「島嶼防衛演習」

「ゴーン、ズドドーン!」

まるで天地を分かつような戦車や戦闘機の轟音が、富士山の山麓に響き渡り、砲弾や誘導弾などが花火のように炸裂した。

8月25日の日曜日、東京から岩屋毅防衛相も駆けつけて、東富士演習場で、「令和元年度富士総合火力演習」が挙行された。陸上自衛隊が毎年行っている最大規模の演習である。私も昨年に続き、スタンドの末席に座って、約2400人の自衛官たちが繰り広げる「雄姿」に見入った。

〔PHOTO〕gettyimages

演習は、約50分の前段と、約70分の後段に分かれていた。前段は榴弾砲、迫撃砲、狙撃銃、誘導弾、機関砲、戦車、ヘリコプター……と、陸上自衛隊の主要装備品が演習。後段は昨年に続いて、島嶼部における統合作戦。すなわち、近隣諸国との島嶼部の攻防戦に見立てた演習だった。

最近の自衛隊は、周知のように、陸・海・空ともに島嶼防衛に力を入れている。昨年3月には、長崎県佐世保基地に、「日本版海兵隊」とも言える水陸機動団が発足した。今後、3000人規模まで拡大するとしている。今年3月には、鹿児島県奄美大島と沖縄県宮古島にも駐屯地を新設した。

そんな中、後段の演習を3部仕立てにして、島嶼部に配置した部隊による阻止、増援部隊による敵部隊の撃破1及び2という演習内容とした。すなわち、敵の攻撃を阻止しようとしたが、一部が突破されて日本の島嶼部を占領された。それに対して統合的に反撃し、最後は敵を殲滅するというシナリオだ。

 

眼前では、まるで映画の戦場シーンのように、次から次へと繰り出す自衛隊の最新兵器がうなりを上げていた。どんな映画も及ばない「本物の迫力」だ。この島嶼防衛演習に使用された主要な装備品は、以下の通りだった。

F-2戦闘機、12式地対艦誘導弾(12SSM)、C-2輸送機、96式装輪装甲車(WAPC)、火力戦闘指揮統制システム(FCCS)、地上レーダー装置1号、UAV、84mm無反動砲(84RR)、06式小銃擲弾、12.7mm重機関銃(HMG)、観測ヘリコプター(OH-6)、多用途ヘリコプター(UH-60)、空挺部隊自動索降下、偵察用オートバイ、99式自走155mm自走榴弾砲(99HSP)、90式戦車(90TK)、92式地雷原処理車(MBRS)、多連装ロケットシステム(MLRS)、10式戦車(10TK)、

ネットワーク電子戦システム(NEWS)、03式中距離地対空誘導弾(中SAM)、16式機動戦闘車(16MCV)、19式装輪155mm自走榴弾砲、96式多目的誘導弾システム(MPMS)、中距離多目的誘導弾(中多)、120mm迫撃砲RT(120M)、携帯対戦車弾(LAM)、40mm自動擲弾銃(40AGG)、水陸両用車(AAV7)、対戦車ヘリコプター(AH-1S)、大型輸送ヘリコプター(CH-47)、高機動車(HMMV)、87式偵察警戒車(RCV)、155mm榴弾砲(FH-70)、89式装甲戦闘車(FV)、87式自走高射機関砲(87AW)、81mm迫撃砲L16(81M)……。

〔PHOTO〕gettyimages

重ねて言うが、私は昨年もこの会場で、同様の島嶼防衛演習を見た。自衛隊はただ「敵」と称しているが、この演習は尖閣諸島防衛を想定しているものと思える。すなわち「敵」とは、中国人民解放軍のことだ。

だが今年は、「異変」が起こった。陸上自衛隊がこの大規模演習を行っている真っ最中に、島嶼防衛と関係が深いニュースが、演習場に飛び込んで来たのだ。

それは、韓国海軍が2日間に及ぶ「東海領土守護訓練」を始めたというものだった。「東海」とは日本海のことで、つまりは「竹島(韓国名は独島)防衛訓練」である。図らずも日韓が同日に、それぞれの島嶼防衛演習を行ったのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら