ITベンチャー「背任事件」への関与を疑われて…ある記者との攻防

東京マネー戦記【19】
森 将人 プロフィール

「こっちが掴んでる情報だけをいわせてもらうと、今の社長ではあの会社は持たない。当局から相当のプレッシャーがいってるはずだ。でも社長は辞める気がない」

「いちおう話だけ聞いておこうか」

「次期社長候補として有力なのは、投資部門を統括している薄井氏だ。まだ若いが、出資先の事業を立て直した経験もある。若返りが進むし、銀行の受けもいい。派手さはないが、当面の非常事態をしのぐにはちょうどいいんじゃないか」

「なるほどな。そういう見方もあるか」

「否定しないところを見ると、図星だな?」

「さあ、俺はわからない。ライトパーソンをさがすんだな」

「なかなか脇が締まってるな」

「当たり前だ。こっちには守秘義務がある。この時期に話すような内容じゃないだろ。自分の任務に忠実なだけだよ」

「そう怒るな」

野木は表情を読むようにぼくの目を見ると、割り箸を手にした。

 

「これは俺のひとりごとだと思ってくれ。あんまり良くない方向に転びそうな条件が整いはじめている」

「良くない方向?」

「あの社長、三浦海岸に別荘を持ってるらしいじゃないか。会社の経費で購入したものなんだろ。そこに君も出入りしてるという情報がある。背任の容疑に絡んでるというのが、検察の見立てだ」

Photo by iStock

「背任だって? 何をいってるんだよ。俺はただの取引相手だ。仕事のつき合いの延長で、顔を出しただけだ」

「みんなそういうよ。気をつけたほうがいいぞ。金融業界の人間は、日本の検察の優秀さを理解しようとしない傾向がある。奴らは何でも調べることができるし、必要があればちょっとした事実の継ぎ接ぎはいくらでもやる。それだけがいいたかったんだ」

ぼくは野木のいっている言葉を、うまく飲み込むことができなかった。

関連記事