〔PHOTO〕iStock

メンヘラ、コミュ障を「自称」することの、知られざるリスク

女子大生への調査から見えたこと

「メンタルヘルス・スラング」とは何か

コミュ障、メンヘラ、アスペ、プチうつ…聞きなじみがある言葉も、初めて目にした言葉もあるかもしれない。これらはいずれも、厳密な意味での医療用語ではないものの、その出自自体は、メンタルヘルス産業の現場などで用いられてきた言葉だ。

これらの表現は日常生活においても、若者を中心に流行語的に用いられており、ある人が第三者を指して「あいつはコミュ障だ」などと言う場面に出くわすことがある。しかし注目すべきは、少なくない人が、「自分はコミュ障だから…」、「私、メンヘラだけど…」というように、自らについて説明するためにこれらの表現を用いている点だ――こうした用法は、特にtwitterなどSNS上で多く見られる。

もしかしたら、この文章を読んでいる方のなかにも、「コミュ障」や「メンヘラ」、「アスペ」などの言葉を使って自分自身を捉えたり、こうした言葉で自己紹介をしたことがある人がいるかもしれない。

しかし、「コミュ障」にしても「メンヘラ」にしても、決してポジティブには捉え難い言葉ではなかったか。いずれも「コミュニケーションに苦手意識がある」ことや、「対人関係でトラブルを持ちやすい」ことを示す言葉だ。なぜ敢えて、こうした「メンタルヘルス・スラング」――精神疾患や精神障害、メンタルヘルスに由来し、流行語的に用いられている言葉――を使って自己認識したり、自己紹介したりするのだろうか。

以下では、「メンタルヘルス・スラング」が若者の間で実際にどれほど使用されているのか、そして、どれほどの若者が、どのような理由でメンタルヘルス・スラングを用いて自己認識・自己紹介しているのか――つまり、「自称コミュ障」「自称メンヘラ」であるのか――についての調査を紹介する。その上で、コミュ障やメンヘラを自称することが抱える危うさを考えてみたい。

〔PHOTO〕iStock

6割が「メンヘラ・コミュ障」の自称経験アリ

実際、どれほどの若者がメンタルヘルス・スラングを見聞きし、実際に使っているのか――。筆者が2016年に、ある女子大学の学生を対象に調査したところによると(分析対象者:455名、回収率42.1%)、対象者のうちほぼ全員(98.0%)が「コミュ障」という用語を、90.8%が「メンヘラ」という用語を見聞きしたことがあると回答していた1

また、以上のような表現を「実際に使ったことがある」と回答した学生は全体の7割を超え、「自称することがある」と回答した学生も全体の6割近くに上った。彼女たちはメンタルヘルスに関する事柄に関心があったからでもなく、精神的不調経験があったからでもなく、本当に満遍なく広く、メンタルヘルス・スラングを用い、且つ自称していた。