photo by iStock

月曜日に憂鬱なあなたは、実は「時差ボケ」しているかもしれない

土日の寝だめに要注意

毎週末、海外旅行をしているのと同じ

いつも月曜日は目覚めが悪い、会社に行くのが辛い、勤務中ボーッとしてしまうといった人は、それは「時差ボケ」によるものかもしれません。実は、週末に寝だめをしてしまうと時差ボケ状態になりやすくなるのです。

時差ボケとは、体内時計と睡眠時間帯がずれてしまう現象。平日に社会的制約(仕事、学校、家事など)があるなか、平日と休日で睡眠時間や就寝・起床時刻に大きなズレがあることをソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ボケ)といいますが、そうなるとまるで海外に行った時のような状態になります。体のためと思って長く寝ていても、このような不規則な眠り方は体内時計を狂わせ、逆に心身を不調にさせてしまうのです。

photo by iStock

毎週末、何時間も寝だめをしてしまうと、実際に旅行に行かなくとも毎週末に海外に行っては帰ってきて、時差ボケがなおらないまま翌日からいつもの時刻に起床し生活をする、仕事場に行かなければならない人は出勤する、といったことを繰り返しているようなものなのです。休日にいつもより3時間も4時間も長時間寝てしまうと、日本にいながらインド(時差が3時間半)にいるような時差ボケに見舞われます。

 

また、遅く寝がちで、出勤するために早く起きる生活になると当然、睡眠不足な毎日になりますが、睡眠不足は心にも影響を与え、抑うつも強くなることが分っていますから注意が必要です。「ブルーマンデー」というものがありますが、ソーシャル・ジェットラグは、休日明けの月曜日に体調がすぐれず憂うつな気持ちになるこの「ブルーマンデー」の要因でもあるようです。

体調が戻るのが遅い人は、こうした不調が回復するのが週の中ごろだったりする場合もあります。会社に勤務していても十分なパフォーマンスを発揮できないまま木曜日になってしまうかもしれないのです。月曜と火曜に眠気と疲労感が強く、水~木曜日まで影響してしまうことがわかった調査報告もあります。