〔PHOTO〕iStock

「自分の命を失ってでも産みたかった」女性が子どもを堕した日

あまりの喪失感に2年間感情を失くした
腎臓病のはるかさんは29歳のとき、妊娠した。我が子の誕生を心待ちにしていたある日、医師に「今すぐに堕ろすべきだ」と言われ……。新刊『それでも、母になる: 生理のない私に子どもができて考えた家族のこと』(ポプラ社)より特別公開!

第一回はこちら:夫と腎臓をはんぶんこして生きる〜38歳で臓器移植をした夫婦の物語

腎臓病の私が産めるのだろうか

結婚2年目、29歳の頃に、はるかさんは"うっかり"妊娠をした。

気分が優れず気持ち悪い日が続き、まさか! と思って、試した妊娠検査薬の結果は陽性。

当初は、仕事も忙しく、夫婦ふたりの暮らしも楽しかったので「やってしまった」とブルーな気持ちになった。

「そもそも、腎臓病である私が産めるのだろうか」という不安にも襲われた。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を送るために、母体に流れる血液量が増加し、腎臓に大きな負担がかかる。そのため腎臓病患者にとって、妊娠・出産は大きなリスクになる。

はるかさんがプロポーズの際に「病気で子どもを産めないかもしれない」と前置きしたのには、そうした理由がある。

陽性反応を受けて、産婦人科を訪れると、妊娠2ヵ月だった。

 

医師の「妊娠おめでとうございます!」という言葉は、はるかさんの憂鬱や不安を吹き飛ばし、喜びを与えた。エコーで我が子を確認した時には、母としての自覚が芽生え、「産みたい」という強い気持ちが湧いた。医師は、はるかさんのその気持ちを汲んでか、腎臓病を患っていても、妊娠の継続を止めることはなかった。

お腹のなかの赤ちゃんは順調に育ってはいたが、妊娠4ヵ月で、はるかさんは「妊娠高血圧症候群」にかかり、身体中が痒かゆくなった。それでも、お腹のなかで育つ我が子への愛情は日に日に増し、心が満たされていた。

「心のつっかえがとれて、産んでいいんだということがとにかく嬉しくて。新しい命を待ちわびる、ただただ幸せな妊娠生活だった」

自分の身体の事情を考慮して、出産・子育てに備えて、会社を辞めることも決意。命が育つ過程を慈しみながら、我が子の誕生を心待ちにしていた。