今年のカンヌ国際映画祭で10分間ものスタンディング・オベーションを巻き起こした映画『ロケットマン』(8月23日より公開中)は、孤独な少年レジナルド・ドワイトがエルトン・ジョンに変身し、栄光と挫折に満ちたジェットコースターのような半生を送る、ポップスターのリアルな姿を描いたミュージック・エンターテインメントだ。

エルトン・ジョンを演じたタロン・エジャトンが名曲をすべて吹き替えなしで見事に歌い上げ、昨年世界中を席捲したクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年公開)の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーがイチから作ったということもあって、本作はカンヌ国際映画祭でのワールド・プレミア前から大きな話題になっていた。

主演のタロンは、『キングスマン』シリーズでブレイクし、目下、ヒュー・ジャックマンが演じた『ウルヴァリン』役の後継者として噂されている注目のイギリス人俳優だ。ジャパン・プレミアで来日した彼に、期待の集まる本作の魅力について聞いた。

商業目的でこの物語を語りたくなかった

タロン・エジャトン〔PHOTO〕岡田康且

―ミュージック・エンターテインメントと謳われている本作ですが、心理ドラマとも、成長物語とも、ラブストーリーとも呼べる多面性がある。タロンさんが思うこの映画の魅力は?

タロン・エジャトン(以下、タロン):興行収入を考えると、ゲイであるエルトンと恋人のラブシーンやドラッグのシーンを盛り込まなければ、ゲイや薬物中毒に対して偏見のある国々でも公開できたし、市場もより広げることもできたと思います。でも利益重視で僕たちは本作を作らなかった。商業目的でこの物語を語らなかったこと、マーケティングに妥協をしなかったことをとても誇らしく思います。

〔PHOTO〕映画『ロケットマン』より