〔PHOTO〕iStock

「日本に暮らす韓国人」が、いまこの国で直面している不安

じっと我慢している人々の声

日本で働いている韓国人に聞いてみた

ユニクロのとある海外支社で働いていたキムさん(38)が、次に選んだ仕事は日本の中部地方にあるアパレル会社だった。来日は7年ほど前、キムさんがまかされた仕事は輸出と製品管理だ。

「私たちの世代の韓国人は、中高生時代にアンアンやノンノなど日本のファッション雑誌を見て育ちました。日本のファッションに憧れて、日本語も勉強しました」

そんなキムさんだが、日本に来て小さなショックをうけた。

「納品にミスが多いんです。おかしいなと思って、四国の工場まで行ってみたら、おじいちゃんとおばあちゃんが二人でやっていて…。『ごめんなさいね、私たち以外に従業員はいないの』って。『これは黒じゃなくて紺色なんですね。歳のせいで区別がつかない』って」

――紺色と黒の区別がつかない?

「二人でもう無理だねと話していると言うから、『大丈夫ですよ。私が手伝いますから』って、励ましてね。憧れのメイドインジャパンは地方の高齢者に支えられている――複雑な心境でした」

〔PHOTO〕iStock

そうしたショックはありながらも、仕事には充実感を持って取り組んでいた。ところがキムさんは、今年に入って会社を辞めることになった。人間関係が原因だった。

「社長がキムさん、キムさんって、なんでも私に頼んで。それで前からいた社員の一人に嫌われてしまった。韓国人だから、ってことじゃないと思うんですが」

ところで今回、キムさんに連絡をとったのは、ヘイトスピーチや嫌がらせを経験したことがあるかを聞いてみようと思ったからだった。

 

「そういうのはありませんでした。その一人の社員以外はみんな親切でしたよ四国の下請けのおじいちゃんとおばあちゃんに退職の挨拶に言ったら、キムさんが励ましてくれたから頑張れたんだよと、こうやって手を握ってくれて…」

昨今の日韓関係についても聞いてみた。

「私は韓国人なので、どうしても韓国政府に対して厳しくなります。文大統領は政権のブレーンを自分の派で固めすぎている。もう少し、柔軟性があってもいいのではないかと思います。歴史問題はうーん、難しいですね。日本政府はもう少し優しい言葉を使ってくれたらと思いますが。被害者はみんな高齢だし、お金じゃないんですよ。謝罪とか慰労とか感謝とか、気持ちの問題だと思います」