〔PHOTO〕iStock

フェミニストの私は「男の生きづらさ」問題をどう考えるか

つらさに寄り添うのは当然、ただ…

「男がつらい」時代と「男性学」

現代日本社会は、「男性にとってつらい」社会だという。不安定な雇用、上がらない給料、長時間労働、昇進・昇給を望みにくい状況、失業不安など、仕事に関わる状況が悪化していることに加え、家族生活の上でも、未婚化の進行、離婚の増大、老親介護負担の増大、子育ての難しさの増大など様々な問題がある。確かに現代日本社会は「男性にとってつらい」社会かもしれない。

当然、こうした「男がつらい」時代に、「男のつらさ」に寄り添うことは、重要である。しかしその際に、繊細な論じ方をしないと、「男のつらさ」を訴えることが「男性の特権を回復せよ」という主張に接続してしまうおそれがある。以下では、そのことについて考えてみたい。

この「男性のつらさ」を、社会変動と男性に対する社会的イメージとの関係から読み解くのが、男性学の騎手の一人、田中俊之氏だ。氏は、社会が大きく変動しているにもかかわらず、男性の生き方に対する社会的イメージには大きな変化が生じておらず、そのギャップによって現代は「男がつらい」時代になっているという(田中俊之、『男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学』、中経出版編集、(株)KADOKAWA出版、2015年)。

〔PHOTO〕iStock

氏が最も問題だと指摘するのは、「男性と仕事とのつながりが強すぎる」こと。企業の成長とともに昇進や昇給が期待できた高度経済成長期とは違って、低成長期の今日では、男性でも非正規労働の職が増大している。

たとえ正社員になれたとしても、企業の成長があまり期待できないから昇進や昇給は期待できないし、リストラや倒産もある。にもかかわらず、現代日本でも、「男性は学校を卒業したら、定年退職までフルタイムで働くべきだ」というルールが依然としてある。

 

バブル崩壊までに就職していた上の世代の男性たちの多くは、このルールに基づいて「生きて」きた。それゆえ「そうは生きられない」下の世代の男性たちにもこのルールを押し付ける。その結果、「フリーターや契約社員などで働く男性たちは、正社員よりも劣っている」と見るような上の世代の偏見や、無職の男性に対する「情けない」などの否定的評価が、未だ現代社会に強く残存してしまっている。

自分たち自身もそのような見方にとらわれ、自分自身を否定的に評価してしまう。それゆえ必要なのは、「男性の生き方」のイメージを変えることだと、田中氏は主張する。「男の生き方」を考え直し、男の価値を仕事だけに求めるのではない男性の生き方のイメージを作ることで、男性はずっと楽に生きられる。経済的見通しが立たない「絶望の時代」には、仕事の成功だけを評価するようなこれまでの男性の生き方を見直す「男性学」こそが、希望になるのだと。