〔PHOTO〕iStock

「童貞は信用できる」な女子多数!童貞が価値になる現代の素晴らしさ

若者のセックス離れ?ほっとけや

恋愛やセックスは個人の自由

今回、現代ビジネスから「日本の男性の童貞率が上昇している件について書いてほしい」と依頼をもらった。

そこで添付のデータを見ると「18歳から39歳の女性のうち、性交渉経験を持たない人の割合は1992年の21.7%から、2015年には24.6%に上昇した。同期間の同じ年齢層の男性の童貞率も、20%から25.8%に上昇していた」とあった。

言うほど増えてへんやん。

これが第一印象である。23年前と比べて、女性の処女率は2.9%上昇、男性の童貞率は5.8%上昇。たしかに増えてはいるが、べつに驚くほど増えてはいない。

それに、この手の調査は質問が曖昧だ。「陰茎を膣内に挿入したことはありますか?」ならわかりやすいが、「性交渉の経験はありますか?」の性交渉とは、どこまでを指すのか。

「陰茎をハイヒールで踏まれたことはある」「交際相手と全裸で相撲をとったことはある」等は性交渉に含まれるのか? そういう曖昧さも考慮して、この手のデータは冷静に見るべきだろう。

一方、メディアは「若者のセックス離れ!えらいこっちゃ~!!」と騒ぎがちだが、それは「単に騒ぎたいから」というウェイ目的が多い。

恋愛もセックスも個人の勝手〔PHOTO〕iStrock

私は「なぜ若者はセックスしないのか?」と言われても「ほっとけや」という感想しかない。恋愛やセックスは個人の自由であり、他人が口出しすることじゃないからだ。

「えらいこっちゃ」と騒いだり「いかがなものか」と嘆いたりするのは、「若者は恋愛やセックスをするのが自然(そうじゃないのは不自然)」という価値観があるからだろう。この多様性の時代に、その古ぼけた価値観こそ「いかがなものか」と言いたい。

少子化と結びつけたがる勢力もいるが、世界一セックス回数が多いギリシャでも少子化は進んでいる。

 

少子化の原因は経済や雇用の問題、子育て環境の不整備などにあり、若者がセックスしないからじゃない。政治や社会の問題なのに、若者に責任をなすりつけるなと言いたい。 

「最近の若者は車に興味がない」と言われるが、興味がないんじゃなく、金がないのだ。同様に非正規雇用でカツカツとか、長時間労働でボロボロだと、恋愛やセックスをする余裕もなくなる。明日食う米がない時に「よーし、恋人を作るぞ!」なんて思わないだろう。

若者のセックス離れを嘆くヒマがあったら、貧困問題に注目しろと言いたい。

以上、言いたいことを言ったらスッキリしたので、童貞について書こうと思う。本音は「ほっとけや」だが、それだとボツになるので、私が若者と接して感じるところを書きたい。