24歳のときにリウマチを発症したフリー編集者の小西恵美子さん。リウマチに苦しんでいた母親を身近に見ていたため、「リウマチは治らない」と思い、太く短く人生を生きるしかないと徹夜をしても仕事の充実を優先するような生活をしていた。しかし、罹患して30年経った今が実は一番元気だという。そこに至るまでの長い道のりをお伝えしていく。

小西さんは発症してから「治る」という感覚を味わったことがなかった。一度腱を切って手術をすると、「治る」。その経験が嬉しくて、「手術ジャンキー」にもなっていた。そこから、「薬漬け」の闘病生活がスタートする。

会社から身体障害者手帳をもらうことを勧められ、1級と認定。しかしそこに待っていたのは、中心で働いていた職場環境から外される現実だった。薬で痛みを誤魔化しながら通っていた会社を辞める決断をした小西さんは、股関節治療院に出会い、薬に薬を重ねる薬漬けで副作用に苦しむ生活から脱却することを決意する。

そこで見たのは、主治医も驚くような血液検査の結果だった。「日常生活」の大切なことを、今回はまとめてもらおう。

【注】小西さんの体験としてリウマチの治療歴をお伝えする。薬に対する反応や治療の効果は個人差がある。

今までの連載はこちら

退職後、すぐに仕事を始めた

出版社を辞めるとすぐに友人からIT企業の仕事に誘われた。1年間ぐらいは仕事から離れて、リウマチの治療に専念するつもりだった。生活費のほか、治療費もかかる。失業保険と退職金でつなぐ予定だった。突然の提案はありがたかったが、戸惑った。

編集の仕事からすれば、IT企業は畑違い。リウマチの病状や仕事内容の不安も話した。出版社に勤めていた経験を活かせるのは、広報ではないかとなった。残業も少なく、定時に帰宅できるという。広報の仕事に決まった。身体障害者として車通勤が認めら、駐車場が用意された。

出版社を辞めて睡眠時間が十分にとれ、仕事や人間関係のストレスがないことが身体によかった。仕事に就くのは早い気がしたが、タイミングもある。流れに乗るのも大事だと思った。私は身体の心配と同じぐらい、お金も心配だった。収入があれば精神的にも余裕が出る。退職して1ヵ月しか休養しなかった。

小西さんはそれまで出版社で睡眠を削って仕事をしてきたが、それで身体が良くなるはずもなかったという Photo by iStock