左からオス蜂、働き蜂(メス)、女王蜂(メス)

日本一の殺人生物、スズメバチの大疑問に答えます!

日本で唯一人! ハチ大好き芸人の教え

日本で野生生物による死亡事故で一番多いのは、ヘビでもクマでもサメでもありません。スズメバチなのです。ハチ毒に陽性(刺激に反応すること)なのに、超危険な最凶生物スズメバチと自宅で暮らすお笑い芸人・丸沢 丸が、スズメバチの不思議を徹底的に語ります! スズメバチをテーマに卒論を書き、あまりにスズメバチが好きが高じて今回、『超危険! スズメバチLIFE 図解とマンガでわかる最凶生物』という本まで出版しました。          なお、スズメバチは大変危険な生物です。危険行為は決してマネしないでください。

私、スズメバチと同居しています(笑)

Q スズメバチは日本一の殺人生物なのですか?
A その通りです。毒蛇よりサメよりもクマよりも死者が多い生きものです

◇スズメバチにより、毎年多数の人が亡くなります
近年減少傾向にあるものの、日本でハチに刺されることで亡くなる方は、平成元年(1989年)から平成29年(2017年)までで746人、年平均約25人です(厚生労働省の人口動態調査による)。

このうち60代以上の方が約80パーセントを占め、男女比では圧倒的に男性が多くなります


アシナガバチなど他のハチが原因になっていることもありますが、多くはスズメバチによるものです。

これは、死亡事故が年平均10人程度の毒蛇、年平均1人に満たないクマ、さらに死亡例の少ないサメによる被害を大きく上回り、野生動物による死亡事故のトップです。

著者はスズメバチを飼っているのだ!

Q スズメバチに2回刺されたら、死んじゃうんでしょ?
A いえいえ、1回刺されただけでも、死ぬときは死にます

◇あなたには、ハチ毒アレルギーがありますか?
「スズメバチに2度刺されたら、死んじゃうんでしょ?」
スズメバチの話をすると決まって言われる一言です。

これを聞くたびに、この言葉の裏に潜むみなさんの油断が見えるようで、丸沢は少し不安になります。

 

「2度刺されたら死んでしまう……じゃあ、1回目はセーフだよね?」
という油断……。

結論から言います!
2度刺されたら危ない人は確かにいます。

でも、誤解しないで!
「ハチ毒のアレルギーがある人」は、刺されるのが1度めだったとしても、最悪の場合、命を落とす危険があるのです!