# 生態系・生物多様性

さなぎは「動く」ものだった!? さなぎ界の常識を揺るがす最新報告

「中身はドロドロ」なだけじゃない
MOVE編集部 プロフィール

ところが最近の研究で、カブトムシのさなぎは、「振動を発することで、周りの幼虫から身を守っている」ということがわかりました。

カブトムシの幼虫は、落ち葉がくさってできた土「腐葉土(ふようど)」の中で群れをなして暮らしています。初夏になって、十分に成長した幼虫は、地中に「さなぎ室」と呼ばれる、卵型の部屋をつくって、その中でさなぎになります。

カブトムシのさなぎ Photo by PhotoAC
拡大画像表示

さなぎ室の壁は、糞(ふん)と腐葉土を混ぜたものでつくられています。そのため崩れやすく、周りで群れている幼虫たちに壊されるおそれがあります。

そこで、さなぎは、幼虫がさなぎ室に近づいてくると、背面でさなぎ室の壁をたたいて、幼虫のいやがる振動を起こします。すると幼虫は、さなぎ室をさけて遠ざかっていきます。

このように、さなぎは振動を利用し、「さなぎ室に近づかないで!」というメッセージを幼虫に送って、身を守っていると考えられています。

【「WebMOVE」はこちら】
【『講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫 新訂版』詳細はこちら】