〔PHOTO〕iStock
# 英語

英語をモノにするには「文法を徹底的に」が結局いちばんの近道だった

リスニング、スピーキングにも効果絶大

文法学習はお嫌い?

日本人は文法ばかり勉強しているから英語が使えるようにならない。学校での英語の授業は「to不定詞の形容詞的用法」や「独立分詞構文」というような文法用語の学習になっているから英語が身につかない――そんな物言いをしばしば耳にします。ときに英文法は「シェイクスピア」と並び、日本人が英語を使えない原因の親玉のような扱いを受けてしまうことがあるのです。

ところが、です。本当に英語を使えない原因は文法偏重の教育にあるのでしょうか。そして、文法ばかり勉強してきたと言われる私たちですが、本当に文法が身についているのでしょうか。

わたくしは英語の学習において、文法が非常に大切だと考えています。英語で論理的に話したり、相手が話す英語の繊細なニュアンスをきちんと聞き取ったりと、英語を「モノにする」には、文法をきちんと習得することがきわめて重要な意味を持ちます。なぜそう言えるのか、以下ではその理由について論じてみたいと思います。

 

日本人は本当に文法ができているのか?

まずは、文法ばかりやっていると言われる日本人の、文法の力量を見てみましょう。次の写真の案内表示に書かれている英文を見てください。

これは、都内のある地下鉄の駅で撮影したものなのですが、どうでしょうか?「1・2番線へののりかえは右側のホームです」に対応する英語は"Transfer is up to the gate level, it is next to the home."となっています。

いくつも問題点を指摘することができます。まずは「ホーム」の英語がhomeとなっています。これはもちろん「家」という意味ですので不適切です(「駅のホーム」はplatformやtrack)。"it is next to the home."=「それは、その家の隣になります」って、電車の乗り換えをするのに誰かの家の隣まで行かなければいけないなんてことはありえませんよね。

さらに、Transfer is up to the gate levelという文とit is next to the homeという文がカンマでつながれていますが、原則として英語では文と文をカンマだけでつなぐことができません。もう一つ言えば、up to the gate levelというのも「ゲートレベル(改札階だと解釈します)まで」と実に曖昧な表現で、おそらく英語圏の方が見てもなんだかよくわからないと思います。

地下鉄の駅という公的な空間の案内表示ですらこれだけの間違いを見つけられるのです。