周囲を不快にさせる「バカ笑い」の正体とは…?笑い声を科学する

あなたも声で損をしているかも
山﨑 広子 プロフィール

他人も自分にも悪影響な「バカ笑い」

人間の聴覚は、バカ笑いから「作り物の空疎感、虚勢、押しつけがましさ、軽薄さ、息苦しさ」などを無意識に感じとる。数人で同じようなバカ笑いをしていたら、そこに気持ちの悪い同調圧も感じるかもしれない。そして先述したように、無意識の内に受け取ったそのような印象は脳に深く刻まれ、長く残るのである。

そしてそういう声を出している本人の脳にも音の影響は及ぶ。気導(空気を介して聴く)音だけでなく、自分の骨導(骨を通して聴く)音として自分の内部からもその声を取り込んでいるのだから、脳は自分の声をジャッジし、ストレス物質を出し続けてしまうのだ。

というわけで、バカ笑いは自分にとっても他人にとっても利がない。そこまで言わなくとも、と思った人は、ぜひ他人のバカ笑いを客観的に聴いてみてほしい。汚水ぶちまけられ感を、身をもって体感できるはずだ。

さらに、声にすべてが出てしまうなんてあり得ないだろ、と思った人はぜひ自分の声を録音して聴いてみてほしい。骨導のない、つまり気導音としての自分の声には、話していたときの感情と思惑がはっきりと出ていて驚くはずだ。バカ笑いを録音して聴くのもよし。そうしたら二度とバカ笑いをしたくなくなるだろうから。

 

笑いの効用は医学界でも認められ、たくさん笑う人はNK(ナチュラルキラー)細胞が活発になるとか長生きするなどと言われている。笑うという行為は実際に身体と脳の機能を活性化し、同時に副交感神経(リラックスさせる自律神経)を優性にしてストレスを減少させることが実証されている。

攻撃的で空疎なバカ笑いをしている人はかなり痛々しい。こういった笑いでは「その声ゆえに」上記の効用は望めない。せっかく笑うのなら回数は少なくともよいから、自分の本来の声で心から笑いたいものだ。

関連記事

おすすめの記事