撮影/佐藤圭
# 絶景

「日本一早い紅葉」が始まった! 大雪山はもうすぐ紅に染まります

北海道から毎日お届け中!

8月中旬から色づく年も

大雪山黒岳の「日本一早い紅葉」です。

大雪山系の中でも北側に位置する黒岳は、紅葉がいちばん早く色づき始めます。

 

初めに色づくのは、ウラシマツツジの真っ赤な草紅葉です。例年、9月上旬には赤く染まりだし、早ければ、8月中旬から色づく年もあります。

ウラシマツツジは、ツツジ科の高山植物ですが、枝が山の斜面を這って伸びているので、見た目は草です。「ウラシマ」の名は、「浦島太郎」ではなくて、葉の裏側が網目模様なので「裏縞=ウラシマ」というそうです。

大雪山黒岳の「日本一早い紅葉」
 

大雪山では、春、夏、秋がとても短く、1年の4分の3近くは雪に覆われ、寒さが厳しい冬が続きます。それほど気象条件が過酷な山なのです。

ウラシマツツジが色づいて見ごろになると、ウラジロナナカマドの真っ赤な紅葉が始まります。

北海道の他の山では、ダケカンパの黄色い黄葉が多いですが、黒岳の紅葉の特徴は見事な赤です。赤と言うか、紅ですね。

そんな見事な紅をぜひ、見に来てください。

「日本一」が大好きな方には特にオススメです。なんといっても「日本一早い紅葉」ですから。

そろそろ始まりますよ!

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!